小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

部下の成長を実感している管理職がフィードバックの時に心がけていること

2024.01.15

管理職にとして部下の成長を促す上でかかせないフィードバック。どれくらいの頻度で行うか、ネガティブとポジティブのバランスをどう配分するか、どのような伝達手段を用いるかなど、人によってさまざまな工夫をしていることだろう。

では、部下の成長を実感している管理職ほどフィードバックで心がけていることとは、いったい、どのようなものなのだろうか?

ラーニングエージェンシーおよびラーニングイノベーション総合研究所はこのほど、484名の管理職を対象に「管理職意識調査」を実施し、その結果を発表した。

1.フィードバック後の部下の行動に対して、約4割の管理職が「行動に繋がらない」と悩んでいる

前回のレポート*1では、7割の管理職が「部下に成長してほしい」と願う気持ちでフィードバックしていることがわかったが、実際に部下は管理職の願い通りに成長しているのだろうか。まずは、フィードバック後の部下の行動について、どのような悩みがあるか質問した。

結果、43.6%の管理職が、部下に対して「自分の課題を認識してはいるが、すぐに行動につながらない」ことに悩みを抱えていることがわかった。(図1)

*1 管理職意識調査 第1弾(部下へのフィードバックの実態編) 

2.部下の成長を感じている管理職ほど、「即時フィードバック」を実践している

次に、フィードバックの違いにより、管理職の感じる「部下の成長度合い」に差があるのかを明らかにするため、フィードバックの頻度・場所・手法・内容と、管理職が感じる「部下の成長度合い」の関係を調査した。

まずは、「フィードバックの頻度」と「部下の成長度合い」の関係について見ていく。結果、部下が「非常に成長している」と回答した管理職は、44.4%が「即時にフィードバックをしている」ことがわかった。その割合は、「成長してない」と感じるにつれて低くなり、部下が「成長していない」と感じている管理職は14.3%で、「非常に成長している」と感じている管理職より30.1ポイント低い結果となった。

また、部下の成長度合いについて「成長していない」「わからない」と回答した管理職は、フィードバックの頻度を「特に決めていない」と回答する割合がそれぞれ28.6%、34.5%の結果となり、「非常に成長している」「成長している」と回答した割合に比べて高くなった。(図2)

3.部下の成長を感じられない管理職ほど「ネガティブフィードバックの場所」を気にする傾向あり

次に、フィードバックの場所について見ていく。フィードバックする場所を気にかけているか質問したところ、「常に最適な場所を選ぶようにしている」と回答した割合が全体的に高くなった。

特徴的だった項目は、部下が成長していないと感じる管理職ほど、「ネガティブフィードバックの環境」を気にする傾向にある点だ。部下が「成長していない」と感じている管理職は、「非常に成長している」と感じている管理職より、「ネガティブフィードバックの際に場所を選ぶようにしている」割合が15.1ポイント高くなった。(図3)

4.8割以上の管理職が「対面・口頭」でのフィードバックを実施

次に、フィードバックの伝達方法について見ていく。結果、「対面で、口頭伝達している」と回答した管理職が8割以上の結果となり、大部分の管理職が「対面&口頭」を意識していることがわかった。(図4)

また、部下が「非常に成長している」と感じている管理職は、94.4%が「対面で、口頭伝達している」結果となり、部下への成長を感じることが出来ている管理職ほど、この割合は高くなった。また、「非常に成長している」と感じている管理職の61.1%が、「チャットやメールなどで文書伝達している」と回答。

その割合は「成長していない」と感じている管理職よりも46.8ポイント高くなった。「非常に成長している」と感じている管理職は、図2からも「即時フィードバック」する割合が高く、チャットやメールを使用してでも即時にフィードバックすることを意識している傾向がわかる。(図5)

5.フィードバック時、部下から「意見を傾聴すること」「納得感を醸成すること」を意識している管理職ほど、部下の成長を実感

次に、フィードバックで気を付けていることを見ていく。部下が「非常に成長している」と感じている管理職の6割以上が「部下の意見を傾聴すること」「部下の納得感を醸成すること」を意識していることがわかった。一方、「成長していない」と感じる管理職は「部下の意見を傾聴すること」は14.3%と低く、「部下の納得感を醸成する」には回答が集まらなかった。(図6)

6.部下の成長を感じている管理職ほどポジティブフィードバックが多く「フィードバックの意図」や「求める人材像」、「日頃の感謝」も伝えている結果に

最後に、フィードバックの内容について見ていこう。まずは、フィードバック時のポジティブとネガティブの割合を質問した。結果、部下が「非常に成長している」と感じている管理職は、55.6%が「ポジティブが多く、ネガティブが少ない」と回答した。この割合は、部下の成長を実感しているほど高く、「成長していない」と感じている管理職はわずか28.6%となった。

一方、「ポジティブが少なく、ネガティブが多い」と回答した割合は逆の結果となり、部下の成長を実感していない管理職ほど高い割合となり、「非常に成長している」と「成長していない」の差は23ポイントも広がる結果となった。さらに、部下の成長について「わからない」と回答した管理職は、フィードバックのポジティブ・ネガティブの割合も「特に決めていない」と回答する割合が44.8%と最も高くなった。(図7)

さらに、フィードバックで“心がけて伝えていること”を質問した。結果、「事実や結果に基づく具体的な内容」を伝達する割合が、部下の成長実感に関わらず高いことがわかった。

特徴的だった結果は、部下が「成長している」と感じている管理職は「事実や結果に基づく具体的な内容(72.2%)」の次に、「フィードバックの意図や理由(66.7%)」「目的・目標や求める人材像(55.6%)」、さらに「日頃の感謝や努力への労い(50.0%)」を伝える割合が高いという結果だった。(図8)

出典元:ラーニングイノベーション総合研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。