小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ニッチでも共感力があればヒットは生まれる」バイオリニスト廣津留すみれさんに聞くヒットの最新メソッドと注目トレンド

2024.01.28PR

【コレが廣津留流ヒットメソッド】
作りたいものをどれだけ忠実に作れるか
ニッチでも共感力でヒットは生まれる

廣津留すみれさんバイオリニスト
廣津留(ひろつる)すみれさん
高校在学中にNY・カーネギーホールでソロデビュー。ハーバード大学、ジュリアード音楽院を経て、米国にて演奏活動を拡大。現在は音楽活動のほか、大学講師、テレビのコメンテーターと幅広く活躍。

マルチプレーヤーやニュートロがヒットを連発

「音楽業界はジャンルを超えた表現力を持つアーティストが話題です」

 そう話すのは廣津留すみれさん。中でも今年「爆速で売れた」と一番に挙げたのが、アイスランド出身のシンガーソングライター・Laufey(レイヴェイ)。

「アイスランドチャイニーズのジャズシンガーですが、チェロやピアノなど様々な楽器をこなすマルチプレーヤー。多様なバックグラウンドも影響してか、カテゴライズできないニュータイプのアーティストです」

 彼女が世界中にリスナーを増やしている理由のひとつには、表現者としてのスタンスが、今の流れにうまくマッチしている点が挙げられる。

『雑誌のインタビューで『今の若い世代はジャンルで選ばず〝何を伝えたいのか〟を敏感に感じ取るから、自分が思ったことを素直に曲に乗せるようにしている』と話していたのですが、まさにサブスクでボーダーレスに音楽を聴く今のリスナーの心をうまく捉えていると思います。楽器もこう弾かなきゃならない、という固定観念に縛られず、ツールとして、その可能性を広げているのも魅力です」

 ひと昔前のCD全盛期なら、CDショップに行けばジャンルも、メジャーorインディーズもコーナー分けがされていたが、音楽配信が主流の今は、メガヒット曲も数千回再生のニューカマー曲も、同じプレーリストに並ぶ。

「いわゆるZ世代にあたる大学の教え子たちに自分の好きな音楽をプレゼンしてもらうのですが、人気のありなしや周りの人に関係なく自由に自分の視点で、音楽を選んでいるのが印象的です」

 こうしたニュートラルに音楽をチョイスする流れとして「ニュートロ」もムーブメントのひとつとか。

「いわゆる〝ニュー〟と〝レトロ〟を合体した造語で、今年は私自身、昭和・平成ポップスをたくさんリアレンジして演奏しました。わかりやすいメロディーライン、ストレートな歌詞が新鮮で、今どき風に昔の良さをリバイブするのが新しいんです」

 垣根なく音楽を選び取る若い世代によってレトロポップが再注目され、リアルで聴いていた世代も巻き込んで再ブームを呼んでいるというのだ。

 そんな廣津留さんが考えるヒットのメソッドは2つあるそう。

「ひとつは商業的にお金をかけ、ビジネスとして狙いにいくもの。もうひとつは、Laufeyのように『届けたい人に届けたい』というまさにボーダーレスで自由な姿勢が結果としてヒットにつながるもの。自分がいいと思ったものをいかに忠実に作品化できるか、そこにフォーカスできたアーティストが跳ねる。今はメディアが多様化しているので、質のいい作品ができれば、たとえニッチでも、共感力でファンを呼べると思います」

 これは音楽だけでなく、社会やビジネスにおいても同様かもしれない。

廣津留さんの2023注目トレンド【01】Laufey

Laufey2021年デビューの中国系アイスランド人アーティスト。現在24歳で、ロサンゼルスを拠点に活動する。最近ではノラ・ジョーンズとの共作も話題に。

注目トレンド【02】ボーダーレス

ボーダーレスリスナーの聴取傾向に合わせておすすめを提案する音楽サブスクの「ディスカバー機能」が情報源。固定観念にとらわれないジャンルレスな選曲に新発見のヒントが!

注目トレンド【03】ニュートロ

ニュートロ廣津留さんも、松田聖子さんの『渚のバルコニー』や井上陽水さんの『少年時代』など、昭和・平成ポップスのリアレンジ動画をSNSに投稿。幅広い層からの反響を得た。

取材・文/坂本祥子

「DIMEトレンド大賞」受賞商品も一挙紹介!DIME最新号は2023年のトレンドの総復習から2024年の最新トレンド予測まで網羅した超・保存版

今月のDIMEは2023年の総決算!爆売れ商品を分析してDIME編集部が導き出した「ヒットの方程式」を大公開するほか時代を先取る専門家たちに総力取材した「NEXTトレンド」も必見です! 次のビジネスチャンスを一足お先にキャッチアップできる、まさに保存版!毎年恒例「2023年第36回小学館DIMEトレンド大賞」の発表もあります。2023年のトレンドを振り返り、来る未来に乗り遅れないために必読の一冊です!『DIME』の最新号、ぜひお買い求めください。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。