小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「変わる時代×人の欲求」を見極めた商材が伸びる!ノバセル・田部正樹社長に聞いたヒットの方程式

2024.01.26PR

【コレが田部流ヒットメソッド】
「変わる時代×人の欲求」それを見極めた商材が伸長する

田部正樹さんノバセル株式会社
代表取締役社長
田部正樹さん
大学卒業後、丸井グループで広報・宣伝を、テイクアンドギヴ・ニーズで営業企画、事業戦略、マーケティングに携わる。2014年にラクスル株式会社に入社し、現在は同社取締役CMO/ノバセル株式会社代表取締役社長を兼務する。

人の煩悩に訴えかける商材がヒットした

 コロナ禍に登場したオンラインサービスは淘汰され、家の中だけで完結するものから顧客は離れつつあるという。とはいえ、「すべてをオフラインで」と振り切ったわけではなく、オンラインで体験できる便利さは残しつつ、リアルで気軽に体験できるサービス、商材が大きく伸びた年になった。

「2023年は韓国旅行が海外のハードルを一気に下げました。思い立ったら金曜日に出発して、日曜日に帰ってくる。週末、東京へ買い物に行くような感覚で、20代を中心に、韓国を訪れる方が増えました」

 その大きな要因が、安さと気軽さ。LCCなら往復4万円程度、2時間半ほどで海外旅行を楽しめる。

「遠くに行くのはまだ気が引けるし、国内はインバウンド需要で価格が上がっています。YouTubeやTikTok など、SNSを中心とした認知の高まりも要因のひとつでしょう」

 また、2023年は人間が本来持つ欲求をかなえるサービス・商品が盛り上がりを見せた。「『本質的な価値』に向き合った商材が売り上げを伸ばしています。例えば、『chocoZAP』。人は本来、楽をしたい生き物。運動はしたいけど、がんばれないし面倒くさいという方が大半です。そのニーズを捉え、『1日少しでも大丈夫』と、シンプルに解決策を提示し、大成功しました」。同じように人間の本質的な欲求を満たすものとして「完全食(完全栄養食)」も注目を集めた。

「太りたくはない。でも、ジャンクフードや固形物が食べたい。そのどちらの欲求も満たしたのが、『食べてもいいんだ』という気持ちにさせてくれる完全食です」

 2024年以降も、こうしたビジネスは伸びていくと予測する。

「変わる時代に対して、変わらない人間の欲求を結びつける。どちらか一方ではなく、両方を満たす。そんなビジネスが今後も流行り、もっと増えてくると考えています」

田部正樹さんの2023注目トレンド【01】韓国旅行

韓国旅行韓国旅行20代を中心に、新たな角度から注目を集める韓国旅行。年に3〜4回訪れるリピーターも増加。初めての海外旅行先としても選ばれているという。

注目トレンド【02】chocoZAP

chocoZAPRIZAPグループが提供する「コンビニジム」。月額3278円で、24時間365日通える。フィットネスはもちろん、セルフエステや脱毛も使い放題。

注目トレンド【03】完全食

完全食完全食豊富な栄養素を含みながらも、おいしさを両立させた、完全食。日清食品の『完全メシ』、ベースフードの『BASE BREAD®』をはじめ、手軽に購入できる。

取材・文/久我裕紀

「DIMEトレンド大賞」受賞商品も一挙紹介!DIME最新号は2023年のトレンドの総復習から2024年の最新トレンド予測まで網羅した超・保存版

今月のDIMEは2023年の総決算!爆売れ商品を分析してDIME編集部が導き出した「ヒットの方程式」を大公開するほか時代を先取る専門家たちに総力取材した「NEXTトレンド」も必見です! 次のビジネスチャンスを一足お先にキャッチアップできる、まさに保存版!毎年恒例「2023年第36回小学館DIMEトレンド大賞」の発表もあります。2023年のトレンドを振り返り、来る未来に乗り遅れないために必読の一冊です!『DIME』の最新号、ぜひお買い求めください。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。