小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

生成AIを利用して自動化したい業務、3位ライティング、2位メール作成、1位は?

2023.12.29

実際に今使っている動画生成AIツール

1位『Runway』

「Runway」はAIを利用したクリエイティブツールで、ビデオ編集や画像生成などの作業を自動化。映像クリエイター向けに、映像素材から自動的にシーンを抽出し編集可能。

2位『Kaiber』

KaiberはAIベースのビデオ生成サービスで、音声や画像、プロンプトから動画を作成。映像クリエイター向けに映像編集の自動化を実現し、素材からシーンを抽出し自動編集可能。

3位『Wonder Studio』

「Wonder Studio」はCGキャラクターを自動アニメーション化、照明、合成して実写シーンに変換する映像クリエイター向けAIツール。映像素材から自動的にシーンを編集可能。

4位『DeepBrain Ai』

「DeepBrain AI」は、テキスト入力でAIアバターが話す動画を生成するサービス。映像クリエイター向けで、映像素材からシーンを抽出し、自動編集。AIアバターの外見も変更可能。

5位『Stable Warp Fusion』

「Stable Warp Fusion」は映像クリエイター向けのAIツールで、映像からシーンを抽出し自動的に編集。VRAM修正が追加され、16GB GPUで1536×1536画像をサポート。

実際に今使っている情報収集AIツール

1位『Parplexity』

Perplexityは無料の対話型AI検索エンジンで、Aravind SrinivasとDenis Yaratsが2022年に共同開発。ユーザーはキーワード検索だけでなく、AIとの対話で情報を得られ、質問で絞り込みも可能。

2位『Glarity? Summary for Google/Youtube(ChatGPT)』

「Glarity ? Summary for Google/YouTube (ChatGPT)」は、Chrome拡張機能で、ChatGPTを使用してGoogle検索結果やYouTube動画を要約・翻訳。さまざまなウェブサイトからも要約が可能。

3位『PaperTalk.io Generative AI』

「PaperTalk.io」は、研究論文を理解しやすくするためのプラットフォームだ。AIが論文を理解し、概要を生成し、音声化も可能。研究者にとって便利で理解を深めるツール。

4位『Consensus』

「Consensus AI」は論文を理解し、概要を生成する検索エンジン。研究者が論文をアップロードすると、AIが概要を生成し、音声化も可能。研究者にとって便利で理解を深めるツールである。

5位『Papers GPT』

PapersGPTは、OpenAIのGPT-3.5-Turboを使用した研究論文質問ツールで、自然言語で回答を提供。

様々なデータソースを接続し、高品質で盗用のない学術的テキスト生成。専門的な状況では注意が必要で、大学ルールに従うべき。得られた文章は再確認と修正が望ましい。

■SHIFT AI代表木内氏のコメント

情報収集といったらperplextyですよね。生成AIを利用する上での懸念である誤情報の生成ない情報収集のツールです。テキストデータからグラフまで、いろんな情報をリサーチしてくれる便利なツールです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。