小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コントローラー操作の8.8インチゲーミングPC、2画面折りたたみノート、レノボが個性的な最新PCを投入した理由

2023.12.27

2枚のディスプレイを折りたたんで持ち運べる「Yoga Book 9i」

Lenovo Legion Goに並び登場したもう1つのデバイスが「Yoga Book 9i」。そもそもレノボのYogaシリーズは、一般的に2in1 PCと呼ばれる、キーボードが約360度回転することで、柔軟性のある使い方ができるシリーズ。今回のYoga Book 9iにて、より創造性を刺激する、新しいデザインへと昇華しています。

Yoga Book 9iは、閉じた状態では一般的なノートPCに見えますが、開くと2枚のディスプレイが連なっています。ディスプレイは13.3インチの有機ELを2枚搭載し、いずれも解像度は2.8K(2880×1800)と高精細。最大輝度は400ニトで、表示領域は約92%にも及びます。

実際に目にしても、ベゼルはほとんど気にならず、2枚の大きなディスプレイを並べているような感覚で使用可能。名前の通り、本のように見開くことができます。

近年はスマートフォンやノートPCにて、ディスプレイを折りたためる〝フォルダブル〟と呼ばれる製品が続々と登場しているのに対し、Yoga Book 9iはディスプレイを2枚搭載した、ある意味単純なデザイン。片側が13.3インチと比較的大画面であり、1つのコンテンツを2画面にまたがり表示する機会は限られると想定されるため、つなぎ目部分はあまり気にしなくてよいかも? と感じています。

1枚のディスプレイを折りたたむ方式を選んだ結果、故障のリスクが増えるのであれば、ディスプレイを2枚に分けることは有効だと思われます。

Yoga Book 9iを本体単体で使用する場合、物理キーボードの代わりに、片側の画面に仮想キーボードを表示して文字入力ができます。ディスプレイにキーボードが表示されているだけなので、一見打ちにくい印象も受けますが、実際に触ってみると、触覚フィードバックもあるため、想像以上にしっかりとタイピングできます。

それでも仮想キーボードには抵抗があるという場合、同梱されるBluetoothキーボードを使えばOK。Bluetoothキーボードは、ディスプレイの片側へ重ねるように配置できるほか、2枚のディスプレイを見開きにして、手前にキーボードを配置することで、モニターとキーボードのような距離感でも利用できます。購入時にはキーボードのほか、ディスプレイを立てかけるためのカバースタンド、専用のタッチペンも同梱されます。

搭載CPUは第13世代インテル Core i7-1355U、メモリは16GB、ストレージは1TB。スペック的には一般的な高性能ノートPCに近しい構成となっており、初期搭載OSもWindows 11であるため、ユニークな製品ながら、使い方に極端に迷う心配もほぼないでしょう。

ただし、指8本でタッチして仮想キーボードを表示、5本指でタッチしてアプリを全画面表示するといった、独自のショートカットもあるので、これらを〝完璧に〟使いこなすためには、ある程度の慣れが必要になりそうです。

販売価格は直販サイトで38万2800円~。特徴的なデザインの製品ということもあり、決して安価とはいえませんが、革新的な製品が好きな人、よりクリエイティブな作業をノートPC1台で行いたい人などには、ぜひ試してほしい製品です。

革新的デバイスの普及に期待

PCゲーム人気の中、徐々に製品数が増えているハンドヘルドゲーミングPC市場向けには「Lenovo Legion Go」を、参入メーカーがまだ限られていて、今後の展開を期待される折りたたみPC市場には「Yoga Book 9i」といったように、レノボは従来のPC市場とは一線を画す製品を2つ同時に発売したことになります。

PCでできることが多様化していく一方で、各メーカーから発売されるデスクトップPC、ノートPCがほとんど同じデザインになっています。「使いやすい、完成された形」ともいえますが、ニッチなニーズに特化した製品が登場してくることで、デバイス、コンテンツの双方がより進化していく可能性は大いにあります。また、各社から新しい製品が発売されることで、価格面でも競争が起きていくでしょう。

Lenovo Legion GoとYoga Book 9iは、どちらも万人におすすめできる製品ではありませんが、実際に触ると、完成度の高さや革新性を存分に味わえるデバイスになっています。ほかの人とはちょっと違う、こだわりのPCをお求めなら、ぜひ一度手に取ってほしいPCです。

取材・文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。