小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今冬のボーナスは過去5年で最高額に、それでも6割以上が「転職を考える」

2023.12.23

物価高騰が1年以上にも及び昨今も賃上げや税収に関する議論がなされるなど、2023年の終盤までお金や収入に関する話題が後を絶たない中、各企業で冬ボーナスの支給が行われるシーズンとなった。

厚生労働省の調査では今冬ボーナスは例年と比較して高い水準との予想が立ったが、物価高騰に賃上げが追いつかない状況とも言われている。このような状況で実際に働く社会人の今冬ボーナスの支給有無や冬ボーナスに対する意識に変化は見られるのだろうか。

そこでJob総研では 614 人の社会人男女を対象に、今冬ボーナスを含めた過去5年の支給有無と支給額の推移、また物価高騰による消費意識や今冬ボーナスの使い道、さらに今冬ボーナスから貯金に回す割合と具体的な金額及び今冬ボーナスの納得度と転職意識などを調べるため「2023年 冬ボーナス実態調査」を実施した。

今冬ボーナスの平均支給額は66.5万円、中央値は55万円!平均額では男性が女性より36.0万円高い

回答者全体の614人に2023年の冬ボーナスの支給有無を聞くと、「支給あり」が67.9%で過半数をしめ、「支給なし」が32.1%となった。

また冬ボーナス「支給あり」の推移を見ると、2019年が60.2%、2020年が61.7%、2021年が62.5%、2022年が62.1%と2019年から微増が続き2023年は過去最多の67.9%という結果に。

今冬ボーナスの支給ありと回答した417人に支給額(支給予定額を含む)を記述回答で聞いたところ、今冬ボーナスの平均支給額は66.5万円、中央値が55万円、最頻値が50万円となった。

過去5年の平均支給額推移を見ると、2019年が63.7万円、2020年が62.5万円、2021年が64.2万円、2022年が63.9万円と増減を繰り返してきたが、2023年は過去最多の66.5万円という結果に。

今冬ボーナスの支給有無を男女別に見てみると、支給ありと回答した男性が75.5%、女性が54.8%となっている。

また、男女別の支給額を見ていくと、男性の平均額が77.6万円、中央値70万円、最頻値50万円に対して、女性の平均額は41.6万円、中央値35.5万円、最頻値が30万円という結果になり、平均額で36.0万円、中央値で34.5万円、男性の支給額が女性よりも高い結果となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。