小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ずっと使っているiPhoneが突然充電できなくなった時の原因と対処法

2023.12.20

いつも通りiPhoneを使っていても、急に充電ができなくなって困ったという経験をした人もいるのではないでしょうか。本記事を読んでいるまさに今、同様の症状に悩まされている人もいるかもしれません。

本記事では、iPhoneが突然充電できなくなってしまった際に、確認してほしいポイントや対処法について紹介していきます。

iPhoneが急に充電できない理由にはどんなものがある? それぞれの対処法をチェック

早速、iPhoneが急に充電できなくなってしまった際に考えられる、主な原因や対処法について見ていきましょう。

iPhoneをケーブルにつないでいるのに充電できないのはなぜ? 原因は接触不良かも!?

いつも通りiPhoneを充電ケーブルと接続しても、突然充電ができなくなってしまった場合、充電ケーブルとiPhoneの端子で接触不良を起こしているかもしれません。コネクタや充電ケーブルの端子部分が汚れていたり、ゴミが付着している可能性があるので、傷をつけないように拭き取ってから、再度接続してみましょう。

別の充電ケーブルを持っている場合は、そちらとiPhoneを接続し、しっかりと充電できるかをチェックするのもおすすめ。充電できた場合は、最初に使用した充電ケーブルで断線といった不具合が起きている可能性が高くなります。

別の充電ケーブルでもiPhoneが充電できない場合は、iPhoneのコネクタが故障しているなど、別の可能性が考えられます。他の充電ケーブルがない場合は、MagSafeやQiワイヤレス充電で充電を試みましょう。

iPhoneを充電できない時に「アクセサリを使用するにはiPhoneのロックを解除してください」と表示されたら

iPhoneに充電ケーブルを接続した際に、「アクセサリを使用するにはiPhoneのロックを解除してください」と表示される場合は、iPhoneのパスコードロックを解除すれば、通常通りケーブルが認識できるようになります。

【参照】USB アクセサリやその他のアクセサリを iPhone、iPad、iPod touch に接続できるようにする
【関連記事】iPhoneの充電器やUSBケーブルなどアクセサリーが使えない時の対処法

iPhoneが水没したら充電できない? 「液体が検出されました」の表示があったらケーブルに繋げる前に要チェック

iPhoneを充電ケーブルと接続した際に、「液体が検出されました」といった内容の警告が表示される場合、iPhoneのコネクタに液体が入っている可能性があります。濡れた状態のままiPhoneの充電を行うと故障の原因となるため、コネクタや充電ケーブルが乾くまでは、iPhoneが基本的に充電できなくなります。警告を無視してiPhoneを充電することもできますが、あまりおすすめはしません。

iPhoneや充電ケーブルを乾かす場合は、iPhoneを下向きにして手のひらにのせ、優しく叩いて余分な水を抜き取った後、風通しのよい乾いた場所で自然乾燥させましょう。

iPhoneが濡れている状態では、充電をしないのが基本となりますが、コネクタや充電ケーブルが濡れている場合でも、MagSafeやQi対応充電器にて充電することは可能。この場合、念のためiPhoneの背面が濡れていないのかも確認しましょう。

【参照】iPhone で液体検出の警告が表示された場合

iPhoneをケーブルへ繋げても充電マークがつかないまま充電できない時は?

接触不良やiPhoneが濡れているといったハードウエア面の問題ではない場合、設定やソフトウエアの不具合が原因の可能性があります。

新しいケーブルでもiPhoneが充電できない時は設定をチェック

iOS 13以降を搭載したiPhoneには、「バッテリー充電の最適化」という機能が搭載されています。これは搭載されているバッテリーの劣化を防ぐため、iPhoneが80%まで充電した後、iPhoneを次に使い始める直前まで充電を保留するという機能。これにより、iPhoneを充電ケーブルに接続しても、充電が進まない可能性があります。

また、iPhone 15シリーズでは、iPhoneの充電を上限80%までに設定することができます。この場合、どれだけ充電しても、80%でストップすることになります。

バッテリー充電の最適化や、上限80%の設定をオフにするには、設定アプリの「バッテリー」>「バッテリーの状態と充電」に進み、「充電の最適化」から任意の項目を選択しましょう。

【参照】iPhone の「バッテリー充電の最適化」について

ケーブルに繋げても充電マークがすぐ消えて充電できない原因は?

上述した設定やハードウエア面での不具合でない場合、ソフトウエアで不具合が起きている場合があります。設定アプリより、iOSの最新バージョンが配信されていないかをチェックしましょう。

また、端末ごとに不具合を起こしている可能性もあるので、iPhoneを再起動することで、状況が改善する場合もあります。

iPhoneが充電できない時は修理も要検討

ここまで紹介してきた対処法を試しても、iPhoneが充電できない場合は、本体が故障している可能性があるので、修理を視野に入れる必要があります。

充電できないiPhoneの修理代は?モデルごとに料金をチェックしよう

アップルの公式修理サービスを利用する場合、修理代金は使用しているiPhoneのモデルによって異なります。見積もりは下記サイトから行えるので、使用しているiPhoneを選択してチェックしましょう。公式サイトでの修理は、Apple正規サービスプロバイダやApple Storeへの持ち込みのほか、配送修理にも対応しています。

【参照】iPhoneの修理サービス

また、iPhoneには製品購入後1年間のハードウエア製品限定保証と、90日間の無償テクニカルサポートが付帯しているので、期間内の故障の場合は、無償で交換できる可能性もあります。

そのほか、「AppleCare+」に加入している場合は、選択したプランに応じて修理サービスを利用回数の制限なく受けることができます。AppleCare+の料金もiPhoneのモデルによって異なるので、下記サイトをご確認ください。

【参照】AppleCore製品

※データは2023年12月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/F.さとう

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。