小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

企業のエンジニア採用担当に聞いた、今後現場でニーズが高まると予想されるIT技術やサービス

2023.12.28

手法/開発/DS/言語

1位) 人口知能(AI)
2位) アジャイル/スクラム開発
3位) オープンAI(ChatGPTなど)

「手法/開発/DS/言語」の分野で、今後ニーズが高まると回答したものは、1位「人口知能」、2位「アジャイル/スクラム開発」、3位「オープンAI(ChatGPTなど)」という結果に。

1位の「人口知能(AI)」は昨年と同じが、オープンAIが2022年11月に公開したChatGPTが第3位にランクイン。AI関連のキーワードへの注目度が高いことがわかる。

国内の労働生産人口は減少の一途をたどっており、製造業、カスタマーサポート、デジタルマーケティング等、あらゆる分野や業界で人口知能やデータ活用による業務効率化へのニーズが一層拡大していくと予想される。

フレームワーク/ソフトウェア・ツール/言語

1位) Java
2位) Git
3位) Ansible

「フレームワーク/ソフトウェア・ツール/言語」の分野で、今後ニーズが高まると回答したものは、1位「Java」、2位「Git」、3位「Ansible」という結果になった。

こちらに関してもエンジニア不足を解消するため、IT機器の管理を効率化・自動化するツールが上位にランクインしている。

サービス・ソリューション

1位) Microsoft 365
2位) M365 Power Apps
3位) メタバース

「サービス・ソリューション」の分野で、今後ニーズが高まると回答したものは、1位「Microsoft 365」、2位「M365 Power Apps」、3位「メタバース」という結果になった。

2位にランクインした「M365 Power Apps」は、Microsoft社が提供するPower Platformを構成するサービスの一つで、ローコード/ノーコードでアプリケーションを開発でき、プログラミングの知識がなくても業務効率化を推進できるツールとしてニーズが高まっていると考えられる。

調査概要
調査対象/企業のエンジニア採用担当者
サンプル/エンジニア採用担当者(正社員 527 名)
調査⽅法/インターネット調査
実施時期/ 2023年9月29⽇〜9月30日

関連情報
https://www.akkodis.co.jp/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。