小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1万人が選んだ2023年の「くらしのキーワード」TOP3、3位危険な暑さ、2位ガソリン価格の高騰、1位は?

2023.12.20

くふうカンパニーグループが提供するアプリ、個人向け家計簿サービス「Zaim」とチラシ・買い物情報サービス「トクバイ」は共同でアンケート調査を実施。生活者1万人が選んだ「くらしのキーワード 2023 」を発表した。

1位「値上げラッシュ」(7746 票)

「値上げラッシュ」は、およそ7割以上の回答者が投票するなど、2位の「ガソリン価格の高騰」に2000票以上の差をつけて圧倒的1位となった。

食料品や日用品はもちろん、光熱費や荷物の運賃といった生活インフラの料金からテーマパークの入園料といった娯楽費まで3万品目以上が値上げされた2023年。回答者からは「家計に直撃した」「値上げが毎月のことで衝撃的だった」「生活が本当に苦しくなった」など、生活への影響を訴える声が多く上がっている。

2023 年 11 月にトクバイが実施した物価高に関するアンケート調査では、9割以上が「昨年よりも家計への影響が大きいと感じる」と回答。

また「昨年と比べて支出が増えたか」という質問に対しても9割以上が「増えた」と回答するなど、物価高による生活への影響を多くの人が実感する中、「支出の増加」という形で家計にも数字として表れていることが判明した。

実際、Zaimの購買データによれば、2023年の「食料品」に関する毎月の支出金額は平均2万9626円となっており、前年の平均2万8755円より871円も上昇していることもわかった。

またアンケート回答者からは「食費が倍近くに。今まで簡単に買えていたものも悩んでしまい、買わないことが増えた」「今まで購入していたが、値上げの影響で諦めるものもあった」「特売日をチラシでよく探すようになった」など、買い物行動における心理的な変化に関する意見も寄せられた。

トクバイが実施したアンケート調査でも、物価高を受けた購買行動の変化として7割以上が「割引やセールを積極活用」、4割以上が比較的値段が安い「プライベートブランド(PB)商品を購入」を選択するなど、相次ぐ「値上げラッシュ」は毎日の買い物行動にも変化を与えているようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。