小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今冬のボーナスは平均48.4万円、企業業績は好調だがサラリーマンの期待感は薄い

2023.12.11

ガソリンや食品など値上がりが相次いだ2023年。家計の負担が増えた分は冬のボーナスで相殺したいところだが、実際いくらぐらい支給されるのだろうか。

カネとホンネ調査研究所は、都市部(※)に居住する20~59歳の男女328名を対象に、2023年冬のボーナスについてのアンケート調査を実施した。
※東京、愛知、大阪、福岡

ボーナスは48.4万円で半分が貯金。自由なお金は11.5万円…

2023年冬のボーナスの見込み金額を聞いたところ、平均は48.4万円であった。回答は手取り金額のため、額面では60万円程度と思われる。

月収は平均29.0万円で、冬のボーナスは月収の約1.7カ月分の計算となる。なお、回答者の平均年齢は38.1歳であった。

さらにボーナスの使い道を聞いたところ、見込み金額48.4万円に対して、51.4%の24.7万円を貯金すると回答。自由に使える金額は11.5万円とボーナスの23.8%という結果に。

ボーナスにも社会保険料が課されるようになって20年。ボーナスで大きな買い物をする時代ではなくなっているのだろうか。

思い起こされるのは、コロナ禍における現金給付。ほとんどが貯金に回されたという。将来に対する不安からか、自己防衛に努めるサラリーマンの姿が浮き彫りとなった。

ボーナスのボリュームゾーンは20万円以下。サラリーマンの4人に1人は心細い思いをしている!?

ボーナスの分布をみると、その金額は低い層に偏っており、20万円以下がもっとも多く26.4%であった。サラリーマンの4人に1人は心細い思いをしているのかもしれません。

昨年と比較して、今年の冬のボーナスがどうなると思うかを聞いたところ、「増える」「やや増える」は19.2%、「減る」「やや減る」は12.5%であった。

若干ではあるが、増額を期待する声が聞かれた。しかし、グラフを見て頂ければ一目瞭然で「変わらない」が46.3%で多数を占めている。企業業績は好調だが、サラリーマンの収入に反映されるのはまだ先のようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。