小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

再利用可能なロケット「SPACE PLANE」の登場で宇宙開発はどう変わる?

2023.12.03

一般的に宇宙へ向かうロケットは使い捨てが一般的である。しかし、イーロン・マスク率いるSpaceXのFalcon シリーズのように再使用が可能なロケットが登場し、経済合理性が高くエコだとして、注目を集めている。

■SpaxeXのFalcon

引用元:SpaceX

ところが、日本の宇宙開発事業全体を見渡すと、今年は、JAXAでのH3ロケットの打ち上げ失敗やエンジン燃焼試験中の爆発事故、民間初の月面着陸を目指していたispace社の月面着陸失敗など、宇宙ビジネス開発は暗礁に乗り上げてしまった感がある。

日本の宇宙ビジネスの現状を打破する光明はあるのだろうか。その考察を深めるべく、宇宙開発事業の今後の市場規模はいかほどか。本記事でまとめた。

■JAXAの手掛けるH3ロケットイメージ

引用元:JAXA

2023年3月7日に打ち上げたH3試験機1号機は第2段エンジンが着火せず、打ち上げは失敗した。

再利用可能ロケットを手掛けるSPACE WALKERはJALグループとの提携を発表

画像引用元:SPACE WALKER

2023年4月12日に再利用可能ロケット「SPACE PLANE」を手掛けるSPACE WALKERがJALグループの商社であるJALUXと資本業務提携を発表した。宇宙輸送システムなどで連携していくという。

SPACE WALKERは、東京理科大学発のスタートアップ企業で、JAXAのH3ロケットやSpace XのFalconシリーズとは異なる有翼式の再使用可能ロケットを手掛け、足下では2025年の実証実験を目指している。見た目は従来のスペースシャトルに似た形状をしているが、経済合理性が高くエコで、GX=グリーン・トランスフォーメーションを目指す社会で活躍する次世代型ロケットである。

堀江貴文氏が立ち上げたロケット開発企業「インターステラテクノロジーズ」に比べてまだまだ知名度が低いものの、学術的な知見の高さから技術的な信頼度が高い。この強みが功を奏し、JALグループとの提携に至ったとみられる。また同年4月20日には、JAXAからの資金調達も実現した。

暗礁に乗り上げた日本の宇宙ビジネスに、光が差し込むとよいのだが。

■インターステラテクノロジーズはすでに打ち上げ成功実績あり

画像引用元:インターステラテクノロジーズ

画像は、2021年7月3日に同社が打ち上げた「ねじのロケット」で、無事宇宙空間への到達を果たした。同年8月2日にはTENGAロケットも無事打ち上げに成功している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。