小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

生成AIを活用したサービスは働き方をどう変えるのか?

2023.12.01

日本マイクロソフトはCopilot for Microsoft 365などの生成AIを活用したサービスが働き方をどのように変革するのか、社内外の早期ユーザーを対象に調査を実施。結果をまとめたレポートの抄訳を同社サイトにて公開した。本稿では、その内容を抜粋してお伝えする。

調査結果の概要

今回の調査では、次のような特徴が明らかになった。

・Copilot ユーザーの 70% が生産性が向上したと回答、68% が仕事の質が改善したと回答した。
・全体的にユーザーは、検索や文書作成、要約といった一連のタスクが29% 速くなった。
・欠席した会議の遅れを挽回する速度が約4倍速くなった。
・64% のユーザーがCopilot でメール処理に費やす時間を削減できたと回答。
・85% のユーザーがCopilot によって優れた初稿をより迅速に作成できるようになったと回答。
・75% のユーザーがCopilot によって「ファイルから必要なものを見つけられるので、時間の節約になる」と回答。
・77% のユーザーがCopilot を一度使ったら手放したくなくなったと回答。

1.Copilot による生産性の向上

Copilot for Microsoft 365 アーリーアクセスプログラムの参加ユーザー297人を対象に、会議や文書作成などでCopilotをどのように使用しているか調査したところ、開発者がGitHub Copilotで経験したのと同様に、生産性向上と時間削減ができたことがわかった。

■Copilot のユーザーは生産性が向上し、仕事をより迅速に完了できている

・Copilot ユーザーの 70% が生産性が向上したと回答した。
・73% がタスクをより速く完了できると回答した。
・64% がCopilot によってメールの処理時間が削減できると回答した。
・85% がCopilot によって優れた初稿をより迅速に作成できると回答した。
・87% がCopilot によって初稿に取り掛かりやすくなると回答した。
・86% がCopilot によって遅れを挽回するのが容易になると回答した。
・84% がCopilot によって会議後に行動に移すことが容易になると回答した。
・75% がCopilot によってファイルから必要なものを見つけられるので、時間の節約になると回答した。
・71% が平凡な作業にかかる時間を削減できたと回答した。

■Copilotは品質と創造性を向上させる

・68% が仕事の質が向上したと回答した。
・57% が創造性が高まったと回答した。
・68% が創造プロセスの活性化に役立ったと回答した。
・72% が文書作成中にアイデアを生み出す際に役立ったと回答した。

■Copilotはユーザーの時間の使い方を変えている

・67%がCopilotによって時間を節約でき、より重要な仕事に集中できるようになったと回答。
・平均で1日14分、1週間で1.2時間分の時間を節約できたと報告した。
・22%の人は1 日30分以上の時間を節約できていると回答した。

1 日30分以上時間を節約できると回答したユーザーに、その節約した時間を何に使っているか聞いた。

最も多かったのは集中作業 (53%) で、データ入力などの事務作業 (7%) に時間を費やしている人はほとんどいなかった。

ただし、2番目に多かった回答は、その時間を別の会議に充てている (16%) というもの。すでに会議の数が多いところにさらに会議が加わると、逆効果ともいえる。

従業員が Copilot にどの程度価値を見出しているかについても調査した。初期ユーザーは、一度 Copilot を使って仕事をすると、Copilotなしで仕事をする状態には戻りたくないと答えている。

・77% がCopilotを手放したくないと回答。
・大半の人が、職場での無料ランチよりもCopilotを利用したいと回答。無料ランチが月1回の場合で88%がCopilotを選択し、2週間に1回の場合で79%が、週1回の場合で77%がCopilotを選ぶと回答した。
・30%がCopilotを利用できるかどうかが勤め先の選択にまで影響すると回答。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。