小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

60歳以上の4割が「頻尿」の自覚あり!夜中にトイレに行く人はどれくらいいる?

2023.11.28

60代・70代の6割以上が「夜間頻尿」を経験

続いて、夜間に排尿のために起きることがあるか尋ねた。1回以上起きると答えた人の合計では、50代でも53.0%となったが、60代では62.0%、70代以上では66.0%と6割を超える結果となった。

「夜間に排尿のために1回以上起きる」症状のことを「夜間頻尿」と呼ぶ。夜間頻尿は睡眠不足を引き起こし、昼間に眠気を感じて仕事に集中できないなど、日常生活に支障を来す可能性の高い症状のため、注意が必要だ。

尿に関する悩みは“外出中の不安”や“睡眠時の不安”が多数

排尿や尿意で困っているという人に、具体的にどのようなことで困っているのかを、自由記述形式で尋ねたところ、長時間の移動時や映画を見ているときなど、「外出中」の不安に関する意見が多く寄せられた。また、夜間頻尿に関する意見も多く、熟睡できない・寝不足になるなどの回答も多く見られた。

尿に関する悩みごととしては、以下の具体例が挙げられた。

■外出時の不安

・外出した時にトイレが見つからないととても困ります(女性・70歳以上)
・排尿間隔が狭いため、旅行など長時間移動の際に困る(男性・70歳以上)
・長時間の映画が鑑賞できない(男性・60代)

■睡眠時の悩み

・夜中または朝方に起きた後、眠れないことがある(男性・50代)
・長い時間眠ることができない(男性・60代)
・ぐっすりと眠れない(女性・60代)

■その他の回答

・仕事中に尿意を催す(男性・50代)
・冬が特に酷く、漏れそうになる事がしばしばある(男性・50代)
・排尿の後で尿漏れがする(男性・70歳以上)

<調査概要>
調査対象:全国の50代~70代以上の男女600名(有効回答数) 
調査期間:2023年9月11日~12日
調査方法:インターネットアンケート/クラシエ調べ

出典元:クラシエ薬品株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。