小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

頑張るだけでは身体を壊すだけ!アクセルよりブレーキを意識する〝タイパ重視〟の仕事術

2023.11.22

結果的には失敗につながる「努力だけがすべて」という考え

 私は物心がついた頃から体が弱く、高校2年生までは160cmにも満たない身長でした。その後、大学受験には3回も失敗。大学卒業後に入社した通信会社には同期が2000人いて、その多くが一流大学出身者でした。

 いわば体や経歴のハンディを持つ私が、そのような高学歴者に囲まれた環境で何を武器にすればいいのか……。考えた末に、体力と努力を強みにしようと考えました。

 入社した約20年前は「残業」や「徹夜」を評価する文化があり、その風潮に流されていました。長時間労働による自己満足に陥りながら努力を積み重ね、特に営業の仕事では成績を上げることができ、一定の評価も得られました。その結果「努力だけがすべて」という勘違いをしてしまったのです。

 その後、29歳で本社の要職に就いた頃まで「時間をかければ何でもできる」と思って仕事に取り組んできた中、体が限界を訴え始めていました。資料作成だけでなく雑務にも没頭し、先輩や上司の後始末をしたうえで自分の仕事に取りかかる。そうした生活が続いた結果、うつ病を患いました。

 この失敗を省みず、マイクロソフトで本部長に昇格した直後にも、同じ失敗をしてしまいました。仕事が楽しくて、休日も仕事をしていました。米国本社との時差で夜遅くまで仕事をしていたこともあり、再び体調を崩したのです。

〝タイパ重視〟の仕事術

数々の失敗を機に「タイパ仕事術」に取り組む

 これらの失敗から得たのは、成果を出すプロセスが楽しいと感じること、自己満足に陥ること、そして自分自身を俯瞰的に見られないことが危険だという重要な教訓です。評価が上がると気がよくなり、結果として健康を害してしまう。これは多くのビジネスパーソンが陥りがちな罠です。

人気ビジネスコンサルタントが指南する話題の書籍「最速で結果を出す超タイパ仕事術」

働き方を見直すヒントが満載 「メールを見ていますか?」というメールが、企業の97%に存在する。 重要だと思っていた書類の88%は不要だった。 68%の企業では会...

 2度もうつ病になったことをきっかけに、私は短時間で高い成果を出すための「タイパ仕事術」を極めようと思いました。無制限に仕事をするのではなく、限られた時間の中で多くのことを成し遂げようと心に決めたのです。睡眠時間は毎日7時間とし、無駄な仕事を見極めようと試みました。すぐに成果を出すことはできませんでしたが、失敗も成功も、すべては学びの過程であり、それをどう生かすかが重要であると考え、行動実験を積み重ねていきました。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。