小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2023年1〜9月期は高機能・高価格のデジタル家電のEC販売比率が拡大

2023.11.22

GfK Japanから2023年1〜9月期のデジタル家電におけるEC(E-Commerce)市場動向が発表された。これは全国の家電・IT製品取扱店約1万店(量販店、専門店等)の販売実績データに基づくものだ。

23年のEC比率は前年同期と同水準に留まり、拡大傾向に一服感

23年1~9月のEC販売金額構成比は主要なデジタル家電分類で前年並み、もしくは微減となった(図1)。

イヤホンが市場の大半を占めるオーディオは、デジタル家電の中でもEC比率が高い。EC比率は20年のコロナ禍以降毎年拡大を続け、22年は4割を超えた。しかし23年に入り、EC比率は前年比2%ポイント減と拡大に一服感が見られた。

他にも、カメラなどのイメージング、PCなどのIT、テレビなどのビジュアルでも、19年以降EC比率は拡大傾向にあったが、23年のEC比率は前年並みに留まっている。

コロナ禍前の生活スタイルに戻りつつあるなかで、EC市場の拡大は踊り場に差し掛かっていると言えるだろう。

高機能・高価格な製品においてはEC比率が上昇

市場全体としてはやや落ち着いているEC市場であるが、高機能・高価格といったハイエンド製品の市場ではEC比率が拡大している。

例えば、65インチ以上の大画面液晶テレビにおいて、23年1~9月のEC比率は31%で、21年比で3%ポイント増加した(図2)。一方で65インチ未満の製品のEC比率は、21年比2%ポイント減の22%に留まっている。

また、ノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンをみると、高価格帯となる税抜2.5万円以上でのEC比率は21年比11%ポイント増の40%と拡大した。

こちらも2.5万円未満の価格帯においては21年比13%ポイント減の31%と縮小しており、対照的な傾向となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。