小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「秋のヘッドフォン祭2023」で発見!価格も性能も驚きの国産ハイエンドヘッドホンアンプ4選

2023.11.24

逢瀬からもフルバランスディスクリートの試作アンプ登場

逢瀬はWATERFALLブランドでパワーアンプやDACの製品開発をおこなう2013年に設立された日本のオーディオメーカーである。今回の出展のメインは、同社がMariana Blue Soundと共同開発した「Marlin DAC」と試作の「AK4191+AK4499EX DAC」の比較試聴で、それを聴くために周りを固めたのが、試作品のボリュームレスヘッドホンアンプにトランスアッテネータ、ネットワークトランスポートとDDCというシステムである。アンプの内容はA級フルディスクリートバランス駆動ということしか発表されていない。

代表の月岡政影さんによれば、スピーカーをメインで再生する人たちにとってセパレートアンプは珍しいものではない。ボリュームレスヘッドホンアンプを製品化するかどうかは会場での反応をみてからで、細かい仕様も決まっておらず、3pinのXLR×2、4pinのXLR、φ4.4mmなどのバランス接続専用機を考えているそうだ。アナログボリュームには音質的に納得できるものがなく、今回は音質比較用にトランス式を使ったという。2台のDACを切り替えて試聴させてもらったが、どちらも情報量が多く響きが豊かな音で空間表現に優れている。AK4499EXの方が心地よい響きで、Marlinの方がどちらかと言えばモニター調に感じられた。今後、この試作ボリュームレスヘッドホンアンプがどう進化していくかが楽しみである。

プレートの下にあるのがボリュームレスヘッドホンアンプの試作機

上から2番目が「試作AK4191+AK4499EX DAC」で3番目がMarlin DAC」である

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。