小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホで調べものをする時に利用する検索サービス、ダントツの1位はGoogle、2位は?

2023.11.11

スマホでの調べものは「Google」の利用が圧倒的。女性20~30代は「Instagram」が2位

スマホで調べものをすると回答した人に普段利用するサービスを聞いたところ、「Google」で検索するという人が約8割に上り、圧倒的な割合で1位となった。2021年の前回調査※1と比較すると、調べものに利用する割合が伸長しており、特に60代では9ポイントと大きく伸びがみられた。2位以降は「YouTube」や「Yahoo! JAPAN」が4割台で続く。その他、「Instgarm」や「X(旧Twitter)」などのSNSサービスが3割台で上位に入っている。

7位の「TikTok」は、全体で見ると1割超だが、女性10代では5割弱と高い割合となった。前回調査と比較すると、全体でも伸びており、特に10代~20代の女性では、10ポイント以上増加した。

9位は、「ChatGPT」が1割未満ではあるもののランクイン。男性10代ではほかの年代よりやや高い傾向があった。10位の「Pinterest」は、全体では1割未満となったが、女性10代では2割を超え、他の年代と大きな違いがみられた。

続いて男女年代別の結果を見ると、全ての年代でGoogleが1位となったが、2位以降には傾向の違いがみられた。

男性の場合は、10代~30代で2位に「YouTube」、3位に「X(旧Twitter)」が入った。「YouTube」は男性10代で7割超と高く、「X(旧Twitter)」は、男性10~20代で5割を超え、高くなっている。男性40代以降は「Yahoo! JAPAN」が5割以上の割合で2位に入った。

女性は、10代で「YouTube」が、7割超と高い割合となった。次いで3位に「Instagram」が入った。「Instagram」は女性20~30代では2位にランクインし、特に20代女性では7割を超えており、1位の「Google」との差も他の年代に比べ開きが小さくなっている。

女性40代以降では、上位3位は男性40代以降と同じ結果になり、「Google」「Yahoo! JAPAN」「YouTube」となった。

若い年代ほど、検索サービス以外の「YouTube」や「X(旧Twitter)」、「Instagram」など、SNSや動画サービスを利用する割合が高い結果となった。

それぞれのサービスで調べるジャンル、使う理由

次に、それぞれのサービスで調べるジャンルやその中で一番使っているサービスを使う理由などを聞いた。「検索サービス※2」「X(旧Twitter)」「Instagram」「TikTok」「AIチャットサービス※3」をピックアップして結果を見ていく。

※2 Google、Yahoo! JAPANなどの検索サービス
※3 ChatGPT、BingAI、BardなどのAIチャットサービス

■検索サービス

調べるジャンルは、「わからないことば/人」が6割以上となっている。使う理由では、他のSNSサービスに比べ、「使い慣れている/いつも使っているものだから」が圧倒的に高くなった。

■Instagram

調べるジャンルでは、他のサービスであまり上位に入らなかった「グルメ情報」や「旅行/お出かけスポット」が5位以内に入る結果となった。使う理由2位の「自分の興味があること/気になることが出てくるから」や3位の「ハッシュタグからいろいろ探せる/調べられるから」は、他のサービスと比べて高い傾向となった。

■X(旧Twitter)

調べるジャンルでは、「最新のニュースや話題のできごと」は検索サービスと同様に高くなった。使う理由では、1位の「最新/リアルタイムな情報を得られるから」と3位の「他の人の反応や感想などがわかる/参考になるから」が、他のサービスと比べて高い傾向となった。

■TikTok

調べるジャンルは特徴的で、「音楽/ダンス」や「トレンド/流行」が上位となった。TikTokで調べものをする人は、女性10~20代の割合が高く、若年女性で興味のあるジャンルが検索されることが多いようだ。使う理由2位の「おもしろい情報を得られるから」が3割超となり、他のサービスに比べて高くなった。

■AIチャットサービス

AIを調べものに利用する人は、男性10代~20代が多い影響か、調べるジャンルは、「仕事/勉強に関すること」が約5割となった。調べものとしてAIを1番に利用する人の数は少数のため参考程度だが、使う理由としては、「効率的に情報を集められるから」「会話する感覚で探せる/調べられるから」が上位2位となり、AIチャットサービスならではの特徴的な点があがった。

<調査概要>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の13歳~79歳の男女
実施時期:2023年9月16日~9月19日
有効回収数:645,736サンプル
集計対象:有効回収数の中からランダム抽出した男女13-79歳の49,839サンプル

※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある

出典元:LINEリサーチ

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。