小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ジャパンモビリティショー2023」で気になったクルマ大集合!

2023.10.31

「東京モーターショー」あらため「Japan Mobility Show 2023」のプレスデーを取材してきた。前回、コロナ禍によって休止されたので、2019年から4年ぶりのモーターショー開催となる。会場を歩いて、思わず足を止めさせられてしまった展示について書いてみたい。

 完成車メーカーが展示を行っている東棟に入ってすぐ右側に眼についたのは、ソニー・ホンダモビリティの「AFEELA」だ。「AFEELA」については、以前、@DIMEに記事を書いたばかりなので、詳しくはそちらをご覧いただきたい。ただ、日本では初公開となる展示なので、気になる人は、ぜひ会場で実車をチェックしてほしい。

「Striemo」、「あしらせ」、EV仕様「N-VAN」見どころ盛りだくさんのホンダブース

 隣のホンダのブースで気になったのは、社内起業プロジェクト「イグニッション」発による「Striemo」と「あしらせ」だ。「Striemo」は既存の自転車にモーターとバッテリーを後付けして電動自転車にすることができる。本田宗一郎氏が自転車に小型エンジンを取り付けたものを製造販売したところに社業の源があるわけだから、そこに先祖帰したと言える。

「あしらせ」は、眼の不自由な人向けに開発された歩行案内システムだ。左右の靴にひとつずつ取り付け、振動によって案内を行なう。どちらも、頷きながら開発担当者の説明を聞いた。すぐにでも市販され、多くの人々の役に立つに違いない。

 他にも「N-VAN」のEV仕様やカセット式バッテリーなどについて、興味深い展示が続いていた。ホンダは、2輪や汎用用品などを広く手掛けているので、見せたいものがたくさんあるように感じた。

 そして、ホンダは「プレリュード」のコンセプトカーも出展した。当時の「プレリュード」に近づけたいのであれば、キャビンの後ろ端に明確なノッチを持った3BOXタイプにしないといけないかもしれない。

 同じ2輪メーカーのヤマハの「TRICERA」には、立ち止まって考えさせられた。「TRICERA」は、前2輪+後1輪のEVスポーツカーのコンセプトモデルで、後輪が同位相にも逆位相にも操舵され、いくつかの走行モードの中には“手動モード”も設定可能。説明パネルには、次のように書かれている。

「新たなドライビングスキルの習得と成長の悦びを提供します。モビリティーが自動運転化に向かう今こそ、ヤマハ発動機はもう一度、ゼロから“人間が操縦することで生み出される感動”を探究します」

 文面からは、ヤマハの開発陣がモビリティーと運転の喜びについて真剣に考えて、入場者に問い掛けている様子が明確に伝わってきた。なんとか商品化してもらいたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。