小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【JAPAN MOBILITY SHOW 2023】HW ELECTROが日本発の軽商用EV「PUZZLE」のコンセプトカーを発表

2023.11.02

HW ELECTROは、3つのコアバリュー「サステナビリティ」「コネクティビティ」「社会貢献」を、軽自動車規格商用EVのあるべき姿として具現化した、Made in JapanのHWEオリジナル新車種「PUZZLE」(パズル)のコンセプトカーを、Japan Mobility Show2023でワールドプレミアとして発表した。

この新モデル「PUZZLE」は2025年初春の発売を目指している。HW ELECTRO独自のアプリ「MyHWE」やHW ELECTROが展開するプラットフォームサービスとも連携することで、「PUZZLE」を通じ、自然災害や環境問題などの社会のあらゆる課題を解決する重要な1ピースとなることを目指していくとしている。

HW ELECTROは、「環境問題」と「社会貢献」の視点から「人に、社会に、不可欠なピースであるために」をコンセプトに、次世代の多用途商用EV「ELEMOシリーズ」の車両の開発・製造と販売を行うファブレスメーカー。2021年4月に国内で初めて輸入小型EV商用車としてナンバーを取得し、2021年7月24日より「ELEMO」(エレモ)、11月20日より「ELEMO-K」の販売を開始した。そして2023年秋に、中型バン「ELEMO-L」が販売開始される。

「PUZZLE」 開発背景

HW ELECTROは、EV普及率の低い日本において、街の隅々を走りワンマイル配送事業に携わる軽商用車をEV化することで、環境負荷の低減及び自然災害に強い街づくりに貢献できると考え、2020年より商用EV「ELEMOシリーズ」の販売を開始した。ELEMOシリーズは、企画から製品化まで短時間で行なえる小回りの効くファブレスメーカーとして、ユーザーのニーズに応える仕様を素早く具現化した製品。また、ラストワンマイル配送のEV化に加え、物流業界のさらなる効率化や事業改革に寄与するために、独自コネクテッド技術の開発も積極的に進めている。

今回、これまでのELEMOシリーズでの経験から得たユーザーや社会の要望を汲み取りながら、掲げているコアバリュー「サステナビリティ」「コネクティビティ」「社会貢献」を一つの車両に集約し、社会の“1ピース”となることを目指し、日本発のHWEオリジナル新車種「PUZZLE」を開発した。

ELEMOシリーズと同様、HW ELECTROが考える高い社会貢献の意識とともに、よりユーザーに寄り添った日本発想の製品づくりにこだわり、クルマを使う悦びや感動を提供できる新車種となっている。

「PUZZLE」今後の展望

新しい軽自動車サイズの商用EV「PUZZLE」は、コンセプトカーを元にした量産モデルの計画が進んでおり、2024年末~2025年春での販売を目指している。また、価格は走行距離1キロ1万円、1台あたり200万円(税別)を予定している。

「PUZZLE」は、HW ELECTROという企業そのものが社会におけるひとつのピースになりたいという想いを結集させた新車種。これまでのクルマとは一線を画す、災害時に役立つ移動電源としての機能やエマージェンシーキットの常備、Wi-Fi機能搭載に加え、独自のコネクテッドカーアプリケーション「MyHWE」やHW ELECTROののプラットフォームサービスと連携し、随時機能を増やしアップデートしていくことで、これからの時代に必要とされる車両・社会を目指し、「PUZZLE」が世の中を走ることで、EVや商用車が社会貢献に欠かせない存在であることを証明する。

同時に、HW ELECTROが考える「商用EVが災害時の救済ツールになることの価値」を、広く多くの方々にご理解いただけるように努めていくとしている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。