小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

VTuber運営企業「ANYCOLOR」と「カバー」「UUUM」なぜ収益力に差があるのか?

2023.10.10

VTuber「にじさんじ」の運営を行うANYCOLORが、6月8日にグロース市場からプライム市場に市場区分を変更しました。新規上場からわずか1年での市場区分の変更は異例と言えるでしょう。メルカリですら4年かかりました。

飛ぶ鳥落とす勢いのANYCOLORの強さはどこにあるのでしょうか?競合であるカバーやUUUMと比較しながら、強さの源泉に迫ります。

【参考記事】ショート動画の流行で収益性が悪化したUUUMに復活の道筋はある?

キズナアイから始まったVTuberの歴史

VTuberはアバターで動画配信を行うVirtual YouTuberを指します。2016年に最初の動画を投稿したキズナアイが元祖と言われ、一時は絶大な人気を誇っていました。キズナアイはActiv8という会社が生み出したキャラクターで、ゲーム会社のgumiなどから資金調達を重ねていました。

Activ8は人気の絶頂期だった2019年に分裂騒動を起こしてファンの不安を煽るなど、マネジメントを十分に効かせることができませんでした。キズナアイは最も登録者数の多いVTuberでしたが、現在は活動を休止しています。

ANYCOLORは黎明期の2017年5月に設立され、2018年2月から「にじさんじ」の活動を開始しています。1期のメンバーには、2022年12月に登録者数100万人を突破した月ノ美兎がいます。

YouTuberのマネジメント会社であるUUUMの営業利益率は、業績が好調だった時期でも7%には届きません。その一方で、ANYCOLORの2023年4月期の営業利益率は37.1%。2024年4月期は38.5%となる見込みです。

一見すると、両社のビジネスモデルは近い印象を受けます。

収益力で圧倒的な差を生んでいる主要因が、知的財産権(IP)。にじさんじに所属するキャラクターのIPはすべて会社が保有しています。すなわち、VTuberの声優はそのキャラクターをANYCOLORの手の届かないところで展開することができません。

これがUUUMとの違いです。UUUMはあくまでYouTuberのマネジメント事務所であり、YouTuberが契約に違反しない限りは、会社から離れるのを引き留めることができないのです。

かつてUUUMは人気YouTuberの離反を引き起こし、そのリスクを露呈しました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。