小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

他のEVと何が違う?未知のオフロードEV走行が楽しめるジープ「ラングラー プラグインハイブリッド」

2023.09.30

 ジープ「ラングラー」といえば、そのスタイリングからもわかるアメリカンクラシックのクロスカントリー4WD。かつては、V8、V6エンジン、最近では2ℓターボでの力まかせのドライビングが魅力だった。その「ラングラー」に、ついにハイブリッドモデルが加わった。しかも、自宅で充電もできるプラグ・イン・ハイブリッドを搭載したモデルだ。車名は「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン4Xe」。

「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン4Xe」はどんなクルマ?

 パワーユニットは、直列4気筒2.0ℓのガソリンターボエンジンと、2基の電気モーター、リチウムイオン電池の総電力量は15.46kWhで、8速ATを組み合わせている。2基のモーターだが、1基はエンジンにマウントされ、エンジン始動や電池に電気を供給する役目を担当。もう1基は8速ATの前にあり、2つのクラッチで制御され、ドライバビリティと効率性の向上を担っている。

 モーターのみでの走行可能距離は、約42kmと公表されているが、試乗車を受け取った時は、充電量99%で、走行可能距離は48kmと表示されていた。EVの表示だが、とくに走行可能距離というのは、その前まで走行していた条件によって変わるので、これからの走りで変わってくるのだ。

 充電に関しては、走行中にでも電池に充電可能だ。8速ATのモードはP/R/N/D。Dモードでシフトレバーを左に動かすとマニュアルモードも選択できる。マニュアルシフトはシフトレバーで行なう。ハンドルにパドルレバーの備えはない。

 走行モードは、運転席(4Xeは左ハンドルだけ)の左下の3つの横長ボタンで操作する。HYBRID(ハイブリッド)モードはモーターでのEV走行が優先されるが、充電量が減少するとガソリンエンジンが始動し、モーター+ガソリンエンジンでの走行になる。

 ELECTRIC(エレクトリック)モードは、100%モーターによるEV走行を行う。充電量が減ってきたり、急加速をしようとアクセルペダルを強く踏むとエンジンはかかる。e-SAVEモード。走行中に電池へ充電をするためにエンジンをかけて走行する。EV走行が必要なところまでガソリンで走行する。

 この3モードを使い分けて走ると、EVのおもしろさが体験できるというわけだ。早速、試乗に出かけることにする。受け取った「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4Xe」は、走行4720km。充電状態はすでに書いたように99%で、走行可能距離は48kmを表示していた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。