小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Instagramから読み解くZ世代のファッションやビューティーの最新トレンド

2023.09.29

ARカメラエフェクトでは、アプリ風デザイン、ぼやけたエフェクトなど盛らない系が人気

Z世代にとって、ストーリーズやリールを投稿する際に欠かせないARカメラエフェクト。

加工が強すぎず、シンプルなエフェクトの中でも、今月はアプリ「BeReal」のデザインを模したもの1が人気。また、画面がふわっとぼやけるような新しい雰囲気のエフェクト2も上位に。

たまごっちが元ネタの「もうこないからねー」をテーマにした、ゆる面白いエフェクト3も人気を集めた。こちらも手書きのセリフが現れて画面が少し明るくなる程度で、盛るというよりシンプルなもの。

リールで使われた人気楽曲はNewJeansが大人気!新アルバムから4曲もランクイン

短尺動画・リールを投稿する際に大事なのが楽曲。今回は、7月に発売されたNewJeansのアルバムに収録されている全6曲のうち、「ASAP」「Cool With You」「Get Up」「ETA」の4曲がランクイン。SUMEMR SONICへの出演が話題になったこともあり、圧倒的な人気が窺える。

同じく韓国のアーティストでは、BTSのメンバー・JUNG KOOKのソロ曲「SEVEN」、OVN「Teatime (feat. Olive)」など幅広い楽曲が人気を集めている模様。

日本語曲では、エモい歌詞が夏にぴったりな「ランデヴー・シャイトープ」、直球なタイトルで花火のリール動画を投稿するときによく使われている「花火大会・RADWIMPS」、その他にも「夏夜のマジック・indigo la End」「Cruel Summer・Taylor Swift」などの夏歌が上位に。

人気のハッシュタグは、夏の人気イベントは音楽フェスと花火大会がズラリ

Z世代がInstagramに投稿する際によく使ったハッシュタグを集計。夏フェスシーズン到来した今回は、「#サマソニ(SUMMER SONIC)」「#ロッキン(ROCK IN JAPAN FESTIVAL)」「#fujirock(FUJI ROCK FESTIVAL)」「#ラブシャ(SWEET LOVE SHOWER)」など音楽フェス関連のハッシュタグが数多くラインクインした。

日産スタジアムで公演を行った「#uverworld」、東京ドーム公演を開催したKpopグループ「#aespa」も人気。

フェスと並ぶ夏の人気イベント、花火大会の中では、「#隅田川花火大会」「#淀川花火大会」「#長岡花火」がZ世代の中でも特に人気を集めた様子。

実際にROCK IN JAPAN FESTIVALに足を運んだトレンド部メンバーからは「#ROCKINJAPAN を使って投稿したら、同じフェスに行った人や、フェスが気になっている人が検索したときに表示されたのか、反応がたくさん貰えて嬉しかったです(MIKAさん・高校3年生)」とのコメントがあった。

関連情報
https://www.instagram.com/instagram/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。