小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

企業の生成AI活用をサポートする「Google Cloud」が実現する新たな顧客体験とは?

2023.10.20

AmazonのAWS、MicrosoftのAzureとともに、3大クラウドの一角を担う「Google Cloud」。データ解析、機械学習など幅広いサービス群が多くの企業に活用されている。今話題の生成AIのビジネス活用にも注目が集まっている。

企業向けの生成AIサービスを提供開始

「Google Cloud」は、Googleが自社で活用している様々なシステムを、企業向けに提供するサービス。最近では、生成AIの「Bard」でも使用されている、大規模言語モデル「PaLM 2」などを用いた、システムの提供も発表されている。8月には日本の企業に向けて、生成AI活用の事例やポイントを紹介するイベント「Generative AI Summit」も開催された。

 その基調講演では、コンシューマー、エンタープライズそれぞれに、生成AIでできることのユースケースを紹介。またネガティブなインプット、アウトプットを自動検知するなど、責任あるAIのための取り組みも紹介された。

 ソリューション&テクノロジー部門で統括技術本部長を務める寳野雄太さんは「生成AIの基盤モデルを活用することで、企業は顧客に対して新しいユーザー体験を提供できるほか、あらゆるデータを価値に変えられる」と説明。3つのユースケースをもとに、生成AIでできることを紹介した。

 新しいユーザー体験の例に挙げられたのは、とある自転車メーカーのサイト。生成AIをチャットボットと連携することで、専門知識を用いた商品選びのアドバイスをしたり、おすすめの商品を提案できる。さらにユーザーが持っている製品と、自社製品との比較表を自動作成して提示することも。自社の商品データベースやカタログにない質問にも、インターネット上の一般知識を用いて回答することが可能。やりとりの最後に、サマリーをまとめて表示するといったこともできる。

 また企業内の様々な情報を生成AIに読み込むことで、業務の効率化も進められる。たとえば投資会社が、決算報告書やアニュアルレポートといった自社が管理する膨大な資料を生成AIに読み込めば、必要な情報をより簡単に引き出せるようになるだけでなく、引用元の資料も提示できる。

 さらに生成AIはテキストだけでなく、様々な種類のデータを関連づけて処理する「マルチモーダル」にも対応する。例えば、ECサイトで数多くの商品を扱う企業では、画像をAIに読み込ませるだけで、AIが商品特徴を理解して自動で分類やタグ付けが可能に。画像データをより有意義に活用できるというわけだ。

 Google Cloudでは今後、無償のトレーニングの提供をはじめ、様々なプログラムを通じて、企業の生成AIの活用やシステム開発をサポートしていく考えだ。

寳野雄太さんソリューション&テクノロジー部門
統括技術本部長
寳野雄太さん

Google Cloudにおける生成AI活用のユースケース

新たなユーザー体験の提供新たなユーザー体験の提供

ユーザーとのコミュニケーションに生成AIを活用。自社データからだけでなく、インターネット上のデータから一般的な質問にも答えられる。文章だけでなく画像の中身も理解して回答できる。

自社データ活用で業務を効率化自社データ活用で業務を効率化

自社データを生成AIに取り込むことで、情報を素早く取り出せるようになり、業務の効率化につながる。前後の文脈を理解した回答や、引用元の資料を表示することもできる。

あらゆるデータから情報を取得あらゆるデータから情報を取得

画像や動画、音声といったデータからも情報を読み取り、回答することができる。撮影した写真から、様々なキャラクターがファッションについてアドバイスするデモも紹介されていた。

責任あるAIのための取り組み責任あるAIのための取り組み

ネガティブな質問がされると、システムがそれを検知するデモも。どのようにアウトプットするかを、企業側がカスタムすることも可能。インプット、アウトプット両方をフィルタリングできる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。