小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

蛍光灯の明かりでも充電できる!充電ケースに太陽電池を搭載したurbanistaのワイヤレスイヤホン「PHOENIX」が便利

2023.09.27

晴れた日なら、1時間9.6mA発電

それでは肝心の太陽光発電はどうやるのか。その状態をモニターするにはスマホ専用アプリを起動する。Bluetooth接続でイヤホンと接続すると、ソーラー充電状態が表示される。9月の快晴で最大9.6mAをマーク。MAXは10mAと思われるので、かなりの発電量だ。中央にはGREATと表示され、発電状態が良好であることがわかる。

他社のソーラー搭載モバイルバッテリーと比較してみると、スペックが発表されている機種で2万mAの容量で、フル充電まで250時間かかると書いてある。1時間の発電量は80mAという計算になる。これはかなり楽天的なスペックで、ほとんどのソーラー搭載モバイルバッテリーのAmazonのレビューを読むと、ソーラー機能は使えない、発電できない、フル充電にはならないなどの否定的なインプレが並ぶ。urbanista「PHOENIX」はアプリを見るだけで、あと何時間使えるか、何%充電出来たか、1日の充電量、1ヶ月の発電量まで記録してくれるのだ。これは楽しい。総出力量と比較してソーラー充電量の方が多ければ、イヤホンを無限に聞ける計算になる。

充電状態の評価はGREAT、GOOD、SOMEの3段階で背景色も変化する

1日の発電状況を棒グラフで表示。この日は22mA充電できた

30日間の合計も表示できる。このアプリでオーディオ機能の操作もでき、6種類のプリセット付きEQなども使える

屋内の蛍光灯でも充電できた!

Powerfoyleは、太陽光下の発電は通常の太陽電池に及ばないものの、光量が少ない場所での発電効率が高いという特徴があるという。20形の直感式蛍光灯を使って、実際にどれぐらい発電できるのかを検証してみた。測定したのは蛍光灯をまでの距離と明るさ、そして発電量である。

発電できるギリギリの距離は38cmで0.1mA、照度は852Luxだった。距離2cmまで近付けられるなら3mAの発電量が得れ、3時間充電すればイヤホンを1時間駆動できる電力が得られる。天井の蛍光灯のみでのソーラー発電は難しいが、デスクトップライトなどがあれば屋内での発電も可能である。発電しているかどうかはスマホアプリで確認できるのもいい。urbanista「PHOENIX」は単なる完全ワイヤレスイヤホンではなく、ソーラー発電入門機としても貴重な存在と言えるだろう。

照度計を使って明るさを測定。9.6mA発電時の太陽光の照度は57000Lux

1000Lux以下でも発電可能、1mAの発電には4350Luxの照度が必要だった

写真・文/ゴン川野

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。