小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

蛍光灯の明かりでも充電できる!充電ケースに太陽電池を搭載したurbanistaのワイヤレスイヤホン「PHOENIX」が便利

2023.09.27

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

蛍光灯でも充電可能!

再生可能エネルギーが注目される昨今、いち早くイヤホンの充電ケースに太陽電池を搭載したのがurbanista「PHOENIX」である。今までにも太陽電池を使った充電器はあったが、折りたたみ式にして、大面積を稼がないと直接、スマホを接続して充電するのは難しかった。

PHOENIXには、スウェーデンのEXEGER社が開発したPowerfoyleと呼ばれる太陽電池が採用された。「LOS ANGELES」と名付けられたヘッドホンのヘッドバンドに搭載されたPowerfoyleは、屋外で1時間太陽光を受ければ、3時間音楽を再生するだけの充電量が得られる。また、曇り空や、照明の明るい屋内でも充電可能だという。

中低域寄りのバランスの なめらかな音

イヤホンはAirPods Proを思わせるデザインで、10mmのダイナミックドライバーを搭載、IPX4の防水性能がある。コーデックはSBCとAACのみとちょっと寂しい。外音取り込み機能付きのANCがあり、駆動時間は8時間、ケース込で34時間となる。ケースは非防水で72gとかなり重い。太陽光充電以外にUSB-C端子での充電もできる。

iPhone11 Proで聴いてみると、解像度重視の粒立ちのいい音ではなく、聞きやすさ優先のなめらかな音で、低域の量感があり、中域はやや甘めの響きがのる。高域は丸まった音で抜けがイマイチだ。プリセットイコライザーの選択でバランスは大きく変更できるが、カーブのカスタマイズはできない。音色はウォームで響きが豊かな分だけ音像定位があいまいな部分が出てくる。ANCはエアコンの騒音など低域に効果があり、電車内などで活躍しそうだ。人間の声などは低減されず、それより高域では効果が薄くなる。

カラーは画像のデザートローズとミッドナイトブラックの2色、イヤーチップはL、M、Sの3タイプが付属する

ケースはイヤホンと同色で、9cmとかなり高さがある

充電ケースの片面にはPowerfoyleが貼られている。サラサラした質感で通常の太陽電池とは異なるテクスチャーに驚かされる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。