小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Excelで小数点以下を切り捨てる方法|ROUNDDOWN関数の使い方などを解説

2023.10.19

Excelでは小数点以下を切り捨てて表示することが可能だ。小数点以下の切り捨てを行えば作業が効率化でき、計算ミスの軽減にもつながるだろう。

本記事では、Excelで関数を使って、あるいは手動で小数点以下を切り捨てる方法を解説する。

ROUNDDOWN関数を使用する方法

Exelで小数点以下を切り捨てられる関数は複数あるが、最も利用されているのがROUNDDOWN関数である。

引数も2つしかないため簡単に計算することができる。ROUNDDOWN関数について以下に解説する。

  1. ROUNDDOWN関数とは
  2. ROUNDDOWN関数の入力方法

1.ROUNDDOWN関数とは

ROUNDDOWN関数は、指定した桁数で切り捨てることができる関数である。

第二引数である桁数に0を指定すると、数値は最も近い整数として切り捨てられ、桁数に正の数を指定すると小数点より右側で切り捨て、負の数を指定すると小数点より左側で切り捨てる。

2.ROUNDDOWN関数の入力方法

ROUNDDOWN関数の構文と引数は、次の通り。

=ROUNDDOWN(数値,桁数)

  • 「数値」:切り捨てしたい数値またはセルの位置を指定
  • 「桁数」:切り捨てしたい桁数を指定

ROUNDDOWN関数の構文と引数

「=ROUNDDOWN(12345.6789,2)」で数値、桁数を指定し、Enterで確定する。

ROUNDDOWN関数切り捨て結果

桁数を「2」で指定したため、少数第2位で切り捨てが行われた。

それぞれの桁数の切り捨て結果は下の図の通り。

それぞれの桁数の切り捨て結果

ROUNDDOWN関数の第一引数(数値)と第二引数(桁数)は下の図のように、それぞれ該当のセルあるいは数字を入れて作成することができる。

第一引数(数値)と第二引数(桁数)

Excelで切り捨てに使える関数は、上記で紹介したROUNDDOWN関数以外にも用意されている。以下に解説するので、目的に応じた関数を利用するとよい。

INT関数を使用する方法

消費税計算のように単純に小数点以下を切り捨てしたい場合など、INT関数を使えば簡単に整数値を求められる。

ここでは、INT関数の基本的な書式と機能について紹介する。

  1. INT関数とは
  2. INT関数の入力方法

1.INT関数とは

INT関数は指定した数値の小数点以下を切り捨て、元の数字を超えない最大の整数を返す

関数である。

INT関数では切り捨て桁数が決まっているため、ROUNDDOWN の構文にあるような、「桁数」を指定する必要はない。

2.INT関数の入力方法

INT関数の構文は次の通り。

⁼INT(数値)

  • 数値:小数点以下を切り捨てて整数にしたい数値を指定「=INT(A2)」で数値を指定

    「=INT(A2)」で数値を指定し、Enterで確定する。

    INT関数結果

    これで、小数点以下が切り捨てられ、整数が表示された。

    負の数のINT関数

負の数の場合も「⁼INT(A3)」で数値を指定し、Enterで確定する。

負の数のINT関数の結果

INT関数では、対象の数値が負の数(マイナスの数)の場合は注意が必要である。セルA3

(-1234.56)をそのまま切り捨てると「-1234」になる。しかし、これでは元の数字である

(-1234.56)より大きい数字となる。

INT関数は、元の数字を超えない最大の整数を返す関数であるため、セルB3は-1235となる。

対象の数値が負の数の場合は、ゼロから離れた値に丸められると考えると良い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。