小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PayPayが海外サービスとの連携を強化、QRコード決済がグローバル化する可能性は?

2023.09.24

PayPayは海外で利用できるのか?

もし、普段日本国内で使っているQRコード決済アプリがそのまま海外で利用できたら、これ以上便利なことはない。仮に日本国内で日本円を使って残高チャージし、それをアメリカの実店舗で米ドル決済できたら……を考えると、便利過ぎてもはや両替所など潰れてしまうのではと邪推してしまう。

が、早々に結論を書けばPayPayを海外で利用することができない。ただ、そうなるための下準備はされているらしく、現時点では「海外のQRコード決済サービスでPayPayのコードを読み取る」ということが可能である。

※イメージ画像

海外旅行で現金を持ち歩く「危険性」

海外旅行とお金。これは有史以来の「人類の苦悩」である。

国外の旅先で現金や、換金可能の貴金属が盗まれてしまったらどうするか。もちろん、最初からそれを目当てに横暴を働く者もいる。そういう輩から旅先の路銀を防衛するために、トーマス・クック旅行社が世界初のトラベラーズチェックを発行した。

このトーマス・クックは、アガサ・クリスティーのミステリー小説にも出てくる老舗旅行会社である。トーマス・クックと提携している金融機関であれば、トラベラーズチェックを現金にすることができた。19世紀当時、これは革新的な仕組みだった。

21世紀も中葉に差しかかろうとしている現在、かつてのトーマス・クックの座をかけた競争がますます激化している。

今年6月、PayPayがこのようなプレスリリースを配信した。

PayPay株式会社は、2023年6月15日より、キャッシュレス決済サービス「PayPay」を導入する加盟店のうち「Alipay+(アリペイプラス)」を利用する店舗において、タイの「TrueMoney」、マレーシアの「Touch ‘n Go eWallet」、フィリピンの「GCash」「HelloMoney by AUB」、での決済が可能になりましたのでお知らせします。これにより、すでに連携をしている中国本土の「Alipay」、香港の「AlipayHK」、韓国の「Kakao Pay」を含む、いずれかのサービスを利用する延べ10億人以上のユーザーは日本に訪れた際に、PayPay加盟店に設置されているQRコードから飲食やお土産代、宿泊費などの決済ができるようになりました。
PayPay、新たに3カ国4つの海外キャッシュレス決済サービスと連携。「Alipay+」経由で延べ10億人以上が利用可能に!-PayPay

つまり、アジア各国のQRコード決済サービスでPayPayのコードを読み取ることができるというわけだ。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年11月16日(木) 発売

DIME最新号の大特集は「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」「シン・家電ブランド大図鑑」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。