小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

住宅ローンで「頭金ゼロ」の選択肢は正解か?

2023.09.17

住宅ローンを組む上で「頭金」の額に頭を悩ませる人も多いと思う。近年では低金利を背景に頭金ゼロでローンを組む人が増えているというが、実際にローンを払いはじめた人たちはどのような状況になっているのだろうか。

三井住友信託銀行が設置している「三井住友トラスト・資産のミライ研究所」(ミライ研)では、自身のライフプランとそれに対応したマネープランの中で「住宅ローン」を上手く位置付けていくにあたり、「頭金の準備割合」に着目。1万人(18歳~69歳)を対象とした独自アンケート調査を本年1月に実施した。

借入金額3,000万円以上では、3人に1人が頭金「ゼロ」

自宅購入に際しては、ミライ研の調査でも、およそ8割程度の人が住宅ローンを利用している。このとき、住宅購入代金のすべてを借り入れるのではなく、一部を現金で支払うケースがある。この現金で支払う部分のことを指して、頭金と呼ぶ。

この頭金を住宅ローン借入金額に対してどの程度準備しているか、頭金の準備割合について借入金額別に確認をしたところ、頭金「ゼロ」「1割」の比率は、借入金額2,000万円~3,000万円未満と、3,000万円~4,000万円未満で段階的に上昇していることが分かった。

また頭金「3割以上」の比率は、借入金額1,000万円未満では58.5%と半数を超える一方で、3,000万円~4,000万円未満では15.7%まで減少していることが判明。

図表1:頭金の準備割合(借入金額別)

*回答者:持ち家購入者かつ住宅ローン利用経験者
*5.0%未満はグラフ内の比率表記を省略
*頭金準備割合選択肢「わからない、忘れた」、借入金額選択肢「わからない、覚えていない」を除く(出所)特に出所を示していない場合、三井住友トラスト・資産のミライ研究所「住まいと資産形成に関する意識と実態調査」(2023年)をもとにミライ研が作成

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。