小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新ブランドから老舗の新作まで!「夏のヘッドフォン祭 mimi 2023」で見つけた注目の新製品

2023.09.06

HIFIMAN/平面磁界型の老舗の新作「ANADA NANO」

HIFIMANの新作は「ANANDA」(9万9550円)にNEO Supernano振動板にステルスマグネットを搭載したモデルで重量419.6g、インピーダンス14Ω、感度94dBでヘッドホン側が3.5mm端子の両出しのバランスケーブルを採用。低域に量感があって、左右の音場が広く、高域には輝きがある。

ハウジングに天然木を使った密閉型の「Audivina」(25万5330円)をヘッドホンアンプ「EF600」(11万5500円)で聴くと、先程と違ってボーカルの音色がウォームになった。また、密閉型とは思えない空間の広がりがあり、さすが平面磁界型と思わせてくれる。「EF600」はDAC内蔵のバランス出力対応ヘッドホンアンプで、デジタルに加えライン入出力がありプリアンプとしても使える。また、Bluetoothにも対応する。搭載されるDACは、同社が独自開発したR2RディスクリートのヒマラヤDACの最新版ヒマラヤProである。DACチップを使わずFPGAアルゴリズムと高精度抵抗の組み合わせでBarBrownのPCM1704を超える性能を実現したという。本機にはR2Rの特徴をより引き出すNOS(ノンオーバーサンプリング)ポジションが設けられ音の違いを楽しめる。

「ANADA NANO」ならハイコスパで最新振動板の音が手に入る

ウッドのハウジングが美しい「Audivina」は重量470g、インピーダンス20Ω、感度97dB、XLRバランス、ステレオミニ、標準プラグの3種類のケーブルが付属する

「EF600」はヘッドホンスタンドとしても使えるユニークなデザイン

出力はハイゲインとローゲンでOSとNOSを選択できる。入力はUSB/同軸デジタル、Bluetooth、RCAライン、XLRバランスにも対応する


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年11月16日(木) 発売

DIME最新号の大特集は「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」「シン・家電ブランド大図鑑」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。