小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新ブランドから老舗の新作まで!「夏のヘッドフォン祭 mimi 2023」で見つけた注目の新製品

2023.09.06

final/X8000は220gで70万円ぐらい

finalから新ラインのXシリーズのフラッグシップ「X8000」がベールを脱いだ。新開発の平面振動版は70mmから50mmと小口径化され、ハウジングは特殊チタンを採用、開放型イヤーパッドは3Dプリンタを使い、ボディは220gまでスリム化された。広い音場感とレスポンスのいい音が特徴とのことだが、見るだけで、まだ試聴はできなかった。価格は70万円ぐらいになりそうとのこと。

「X8000」は軽量、高音質、装着感でユーザーに新体験を与える

開放型イヤーパット採用、通気性は良さそうだが遮音性はなさそうだ

Lake People/平面磁界型seaside「ARUNA」

ヘッドフォン祭のポスターにも登場したカッコイイ平面磁界型ヘッドホンが、ドイツ、Lake Peopleのサブブランドであるseasideの「ARUNA」である。ウルトラゾーンの元社長のマイケル・ジルケル氏がLake Peopleに参入して、初めて作ったヘッドホンとなる。重量550gとやや重め、76×97mmの楕円のダイヤフラムを採用する。リケーブル対応でminiXLR端子を左右独立で備えている。Lake Peopleと言えば、ヘッドホンアンプのViolectricとniimbusを作っているメーカーでもある。発売予定は9月ぐらいで価格は約30万円になりそうだ。その音は中低域に厚みがあり、高域は繊細で柔らかい響きが印象的だった。

seaside「ARUNA」はドイツ製らしく緻密で繊細なデザインだ

niimbusのヘッドホンアンプとはバランス接続されていた


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年11月16日(木) 発売

DIME最新号の大特集は「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」「シン・家電ブランド大図鑑」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。