小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

セルフイメージや自己肯定感の低い人が1日の終わりに自分にかけるべき一言

2023.09.16PR

「ダイエットしたいと思いながら、つい食べすぎてしまう」「忙しすぎて、自分のやりたいことをする時間がもてない」「相手にハッキリ言うことができず、ストレスを感じた」「ついスマホを見すぎて、時間をムダにしてしまった」など、思いどおりにいかない自分に苛立だったり、自分を責めたりしたこはないでしょうか?

日々の生活の中で、意志が弱く、なかなか思いどおりにいかないことってありますよね。でも、実は自分を変えることができるかどうかに、意志が強いか弱いかは関係ないそうです。
意志の力に頼るのでなければ、どうしたらいいか。その答えは「言葉の力」を利用することだそうです。
人は1日の中で、自分との会話「脳内トーク」を何千回から何万回も行っていると考えられています。つまり、脳は「脳内トーク」の影響を多大に受けているのです。

それなのに私たちは他人と話す技術は学ぼうとするのに、なぜ自分と話す技術は学ばないのでしょうか? 今回は最新の研究データに基づき、誰でも簡単に「脳内トーク」を変えられる方法を、わかりやすく解説した脳科学者の西 剛志さんの著書「世界一やさしい自分を変える方法」の中からDIME読者におすすめしたいノウハウを厳選、再編集してお届けします! 

「脳内トーク」の技術を駆使して、脳をよい意味で騙し、自らを成功へと導いてください。

セルフイメージや自己肯定感が低めのあなたへ

こんな研究があります。

自信がある人ほど、マイナスな出来事が起きたときに、過去の自分のプラスの記憶を思い出そうとする傾向がある

私は、大人だけではなく、子どもの研究も行っているのですが、その研究から面白い発見をしました。

自宅に家族の写真が飾ってあったり、昔の写真を見る習慣があったりする子どもほど、幸福度や自己肯定感が高かったのです。写真の思い出が、心を支えるものになっているのです。

自分のセルフイメージや自己肯定感は、過去にどんな出来事を体験したかという記憶で形成されています。

たとえば、楽しかった体験や、成功体験をいくつも持っていて、それを詳細に覚えている人は、幸福度が高まりやすく、人生がうまくいっている感覚を持ちやすくなります。

ですから、成功体験や楽しかった体験を日々認識し、記憶に残していくことが大切です。

その方法が、この「脳内トーク」です。

1日の終わりに、

「今日成功した5つのことはなんだろう?」

という「脳内トーク」をして、5つを書き出すのです。

このとき、大切なのが、成功といっても、大きなものでなくてよく、どんな小さなことでも、成功としてカウントしてよいということです。

「ランチで食べた野菜が美味しかった」

「仕事で書類を1つ片付けることができた」

「電車で席をゆずったら、お礼を言われた」

「本を読んで、心に残る文章に出会えた」

など、どんな小さなことでも大丈夫です。

うまくいかない人は、こんな思考のクセがついている可能性があります。

「今日は大変だった」

「仕事で疲れた」

「何もいいことがなかった」……

でも、細かく振り返ってみると、意外に日々よい出来事があることに気づくはずです。

毎日の習慣にして、続けていくことで、自己肯定感も育まれていきます。

また、「日に日に、どんどんよくなる!」という「脳内トーク」もおすすめです。

これは、心理学では有名なフレーズで、自信を高めるときに有効な言葉であることがわかっています。なぜ、この言葉がよいのかというと、私たちの脳は、成長したときに喜びを感じるという性質があるからです。

それともう1つ、脳は大きな変化を嫌うので、「日に日に」という表現が、脳にとっては効果があります。「少しずつ、段階を踏んでよくなっていく」と、脳に伝えることで、脳はこの前提どおりになろうとします。少しの変化であれば、脳が嫌うこともなく、スムーズに変わっていきやすくなります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。