小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

セルフイメージや自己肯定感の低い人が1日の終わりに自分にかけるべき一言

2023.09.16PR

「夢や目標」を見つけるヒント

脳科学者として、いろいろな人から相談を受けてきましたが、その中でよくある相談の1つが「自分の夢がわからない」です。

自分の夢がわからないと人に相談するなんて、と思うかもしれませんが、こういう質問を投げかけてくる人は珍しくありません。

そんな相談をされたとき、私はこう質問をしています。

「夢ではなくて、あなたが絶対嫌なことはなんですか?

あえて、絶対に夢にはしたくないことはなんだろうと、自分に投げかけてもらうのです。

すると、山ほど嫌なことが出てきます。

「人にこき使われる仕事はしたくない」

「単純作業をするだけの仕事は無理」

「マイホームも持てないような人生は嫌だ」

「結婚できずに終わるのは嫌だ」

「子どもがいないのは嫌だ」

「海外に自由に行けないのも厳しい」

「太っている状態でいるのは嫌だ」

など……書ききれないほどの例を挙げる人もいます。

やりたいことはなかなか浮かんでこない人でも、やりたくないことは次々と浮かんでくるのです。

実は、嫌なことを挙げてもらうことで、夢や目標への回答がすでに出ています。

「絶対に嫌なこと」の逆が、その人の本当にやりたいことにつながるからです。たとえば……

「人にこき使われる仕事はしたくない」→起業する、フリーランスで仕事をする

「マイホームも持てないような人生は嫌だ」→所得のできるだけ高い仕事をする

「結婚できずに終わるのは嫌だ」→人との出会いが多く、余暇がとれる仕事をする

「海外に自由に行けないのも厳しい」→海外でも働けたり、休みがとれる仕事を選ぶ

「太っている状態でいるのは嫌だ」→体を動かせて、健康な食事ができる環境を選ぶ

どうでしょうか。こうやって、「嫌なこと」の逆をあぶり出していくことで、だんだん自分の目標や夢、やりたいことが浮き出てきます。

「自分のことを、意外に自分は知らない」

自分を知るために、こうやって順番にあぶり出していくことが効果的なんです。

ほかにも、目標や夢、ライフワークを見つけるための言葉はたくさんありますが、まずは、この「脳内トーク」をしてみてください。

☆ ☆ ☆

いかがでしたでしょうか? 成功者と呼ばれる人たちは、「脳内トーク」を意識的に活用しています。「脳内トーク」を使って、脳をよい意味で騙し、自分の常識(思い込み)を打ち破る。そして、視点を増やす 。成功者たちの多くが、 「脳内トーク」を活用して、自分を変えてきた人たちなのです。

「人生を変えるためには、大きなことをしなければならない」 、多くの人がそんな常識を信じています。しかし、研究からわかったことは、私たちは大きなことをする必要はないということでした。日々の小さなことが、物事のとらえ方や行動をはじめ、能力や性格、さらには健康、習慣、パフォーマンスにまで影響を与えるということです。そして、そのベースになるのが、 「脳内トーク」なのです。

自分を変化させて、なりたい自分に近づいていくためのより詳しいヒントは「世界一やさしい自分を変える方法」をチェックしてみてください。

「世界一やさしい自分を変える方法」
著者/西 剛志
発行/株式会社アスコム

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

著者/西 剛志(にし・たけゆき)
東京工業大学大学院生命情報専攻卒。博士号を取得後、特許庁を経て、2008年にうまくいく人とそうでない人の違いを研究する会社を設立。世界的に成功している人たちの脳科学的なノウハウや、才能を引き出す方法を提供するサービスを展開し、企業から教育者、高齢者、主婦など含めてこれまで1万人以上に講演会を提供。エビデンスに基づいた研修、商品開発サービスなども全国に展開。テレビやメディアなどにも多数出演。著書シリーズは海外でも出版され「80歳でも脳が老化しない人がやっていること」(アスコム)をはじめとして累計22万部を突破。

脳科学者 西剛志公式サイト
https://nishi-takeyuki.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。