小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

睡眠が楽しくなる!?ポケモンが最新デバイス「Pokémon GO Plus+」と睡眠ゲームアプリ「Pokémon Sleep」による新サービスを提供開始

2023.07.14

ポケモンは、新デバイス『Pokémon GO Plus +(ポケモンゴープラスプラス)』発売と睡眠ゲームアプリ『Pokémon Sleep(ポケモンスリープ)』のAndroid事前登録開始などを発表した。『Pokémon GO Plus +』は、スマホとBluetooth Low Energy技術で接続して、『Pokémon Sleep』や『Pokémon GO』と連携して遊べる新デバイス。発売は7月14日からで価格は6578円(税込み)。『Pokémon Sleep』は、スマホ向けポケモンが登場する睡眠ゲームアプリ。7月下旬より配信予定で、Androidでは事前登録を開始した。

『Pokémon Sleep』や『Pokémon GO』とつなげて遊ぶデバイス『Pokémon GO Plus +』

『Pokémon GO Plus +』は、『Pokémon Sleep』や『Pokémon GO』などポケモン関連のアプリと連動できる新デバイス。『Pokémon Sleep』をつなげると「ナイトキャップをかぶったピカチュウ」が手伝いにやってきてくれる。

「ナイトキャップをかぶったピカチュウ」

『Pokémon Sleep』で出会う「おてつだいポケモン」たちは、5匹のチームを組んで助けてくれるが、「ナイトキャップをかぶったピカチュウ」は6匹目の「おてつだいポケモン」として参加。カビゴンの育成を手伝うだけでなく、ユーザーの睡眠もサポート。設定した起床時間と就寝の目標時間を鳴き声で知らせてくれて、睡眠計測を開始する時に子守唄を歌ってくれる。『Pokémon GO Plus +』を使って睡眠計測をした時間の長さに応じて仲良くなることができ、仲良くなるとよりたくさんのきのみを拾ってきて、起床するときにさまざまな鳴き声で起こしてくれるようになる。

『Pokémon GO Plus +』と『Pokémon GO』をつないでポケストップを回すと『Pokémon GO Plus +』に記録が残り、『Pokémon Sleep』とつないだ時に『Pokémon Sleep』の中できのみを入手できる。日中は『Pokémon GO Plus +』と『Pokémon GO』をつないで外出してポケモンを捕まえたり、ポケストップを回して道具を集めた後の夜眠る前に『Pokémon GO Plus +』と『Pokémon Sleep』をつないできのみを手に入れることもできる。

『Pokémon GO Plus +』概要

サイズ:直径約64.5mm×厚さ約18.3mm(いずれも突起物含まず)
重量:約50g
内蔵バッテリー:リチウムイオンバッテリー(USB Type-C端子から充電)
バッテリー充電時間:約3時間30分
機能:振動機能、音声機能
『Pokémon GO Plus +』単体で操作できません。
使用にはスマホ(対応OS:Android/iOS)と対応アプリの『Pokémon GO』か『Pokémon Sleep』が必要になる。

眠りをエンタメ化する『Pokémon Sleep』

『ポケモン』が新しい試みとして「睡眠」のエンターテインメント化を目指しているのが『Pokémon Sleep』だ。遊び方は、スマホを枕元に置いて眠るだけ。『Pokémon Sleep』の冒険の舞台は、世界のどこかにある小さな島。そこに住んでいる大きなカビゴンとポケモンの睡眠を研究しているネロリ博士と一緒にポケモンの睡眠生態の研究を進めている。夜に睡眠計測を行い、翌朝にポケモンたちの寝顔をリサーチして、日中はカビゴンを大きく育てていく。ユーザーがよく眠ってカビゴンが大きくなるほどポケモンたちとの新たな出会いや新たな寝顔の発見につながる。

『Pokémon Sleep』は、ネロリ博士に協力して「ポケモン寝顔図鑑」の完成を目指す。ポケモンたちの寝顔は愛嬌たっぷりで個性豊かなポケモンたちの寝顔を集めることで、その生態や特徴もわかってくる。どのポケモンがどんな寝顔で眠っているか毎日の発見が朝を楽しくしてくれるはず。

夜、寝る時に枕元にスマホか『Pokémon GO Plus +』を置いて睡眠計測をする。朝、目覚めた後は「睡眠リサーチ」で睡眠計測の結果を確認。カビゴンの周りに集まって眠っているポケモンたちの寝顔をリサーチして、ポケモン寝顔図鑑に登録。カビゴンの「ねむけパワー」の大きさで集まるポケモンの数が決まる。

カビゴンの「ねむけパワー」を活用!

『Pokémon Sleep』では、島のいたるところにカビゴンが生息し、「ねむけパワー」という不思議な力でポケモンたちを引き寄せて眠りに誘っている。ネロリ博士が開発したカビゴンの「ねむけパワー」を増幅する「睡眠シンクロ装置」によって、ユーザーの睡眠とカビゴンの睡眠はシンクロしてさまざまなポケモンがカビゴンの周りに集まってくる。「ねむけパワー」の強さは、カビゴンの育ち具合を示す「エナジー」とユーザーの睡眠時間を掛け合わせて決まり、「ねむけパワー」が大きいほどたくさんのポケモンが集まったり珍しい寝顔を発見できる。

アプリ内は、睡眠タイプを「うとうとタイプ」「すやすやタイプ」「ぐっすりタイプ」の3つに分けて、そのうちのひとつにユーザーの睡眠を分類。ユーザーの睡眠タイプに応じて、同じような睡眠パターンを持つポケモンたちが集まる。寝顔をリサーチしたあとは集まっているポケモンたちに「ポケサブレ」をあげることができる。食べさせて仲良くなると「おてつだいポケモン」として仲間になる。「おてつだいポケモン」は、カビゴンにあげるきのみや食材を拾ってきたりスキルを発動して、カビゴンの育成をサポートしてくれる。カビゴンは、それぞれにきのみや料理の好みがあるので、カビゴンの好みに合わせて「おてつだいポケモン」のチームを編成すると、エナジーをより多く得ることができる。ユーザーが日中ゲームをプレーしなくても「おてつだいポケモン」たちはきのみを拾って集めてきてくれる。カビゴンは、「おてつだいポケモン」が拾ってきた食材で作った料理を食べると、さらにエナジーを貯めることができる。料理は、朝・昼・夜と1日3回作ることができ、ユーザーがご飯を食べるときにカビゴンにも料理を作ると良い。

毎週月曜日に新たなリサーチがスタート!

毎週月曜日にフィールドを選んで移動して、新たに出会ったカビゴンを育てながら睡眠リサーチをスタートさせる。フィールドごとに出会えるポケモンは異なり、火曜、水曜と日が進むにつれて「ねむけパワー」は蓄積される。週末はより多く、より珍しいポケモンが眠りに来るチャンスがある。さらに毎週月曜日から1週間分の睡眠計測結果をもとに、睡眠の規則正しさである睡眠習慣を評価。規則正しい睡眠を応援する機能が就寝する目標時間を決める「ねむりの約束」で、目標時間を目安に就寝すると翌朝スタンプカードにスタンプが押されて報酬を受け取ることができる。

フレンドと睡眠研究をシェアする「ソーシャルリサーチ」

自分以外の人とフレンド登録すれば、睡眠時間や睡眠タイプをはじめリサーチした寝顔の数や「おてつだいポケモン」の編成など、さまざまな情報を共有できる。フレンドの睡眠研究を見ると報酬を受け取ることもできる。

『Pokémon Sleep』の開発には、睡眠の世界的権威として活躍する柳沢正史氏が睡眠情報に関する監修として参加。ゲーム内や『Pokémon Sleep』公式サイト内では、「柳沢正史先生と学ぶ、睡眠の最新科学!」を配信。

S’UIMIN代表取締役社長
柳沢正史氏
プロフィール:1960年東京生まれ。筑波大学大学院修了、医学博士。米国科学アカデミー正会員。大学院在学中の1987年に血管制御因子エンドセリン、1998年に睡眠・覚醒を制御するオレキシンを発見。31歳で渡米して24年間にわたりテキサス大学とハワードヒューズ医学研究所で研究室を主宰。2012年、文部科学省世界トップレベル研究拠点プログラム国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)を設立。2017年にS’UIMINを起業して代表取締役を務める。これまで紫綬褒章(2016年)、朝日賞、慶應医学賞(2018年)、文化功労者(2019年)、ブレークスルー賞(2023年)など多数受賞。

Android版は事前登録の受付を開始!

『Pokémon Sleep』は7月6日からGoogle Playで事前登録を開始した。Google Playで事前登録しておけば、配信開始時に情報を受け取ることができる。
Android事前登録URL
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pokemon.pokemonsleep

『Pokémon Sleep』

配信日:2023年7月下旬より順次リリース開始予定
価格:基本プレー無料(アプリ内課金あり)
販売:ポケモン
開発:SELECT BUTTON
対応OS:iOS/Android
ジャンル:睡眠ゲーム
プレー人数:1人

「ポケモンセンター」で『Pokémon Sleep』をイメージしたグッズを発売

ゲーム内で見ることができるポケモンたちの寝ているすがたを再現したぬいぐるみ、光と音で朝を知らせてくれるメリープの光目覚まし時計、吸水キャップとしても使えるウツドンのナイトキャップなど、『Pokémon Sleep』の世界観を感じられるグッズを発売。カビゴンをモチーフにしたゴロ寝タオルケットやアイマスクなど、リラックスタイムに使えるグッズもあるので、アプリとあわせて使いたい。

Pokémon GO Plus +
Pokémon Sleep

構成/KUMU

(c)2023 Niantic,Inc. (c)2023 Pokémon. (c)1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(c)2023 Pokémon. (c)1995-2023 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Pokémon Sleep is developed by SELECT BUTTON inc.
TM,(R), and character names are trademarks of Nintendo.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

※画面は開発中のものです。

DIME9・10月号の大特集は『ポケモン超進化論』

大特集は「世界に羽ばたく!ポケモン超進化論」

Snow Man 深澤辰哉、武藤十夢、松丸亮吾、GENERATIONS 小森 隼、土佐兄弟のポケモン愛を大公開!
【ゲーム】【アニメ】【音楽】【アート】【教育】【地方創生】
バーチャルとリアルの融合でエンタメ新時代を切り開く超人気コンテンツの秘密を360度徹底解剖!!

特別付録は、いつでもどこでも使える!ネックバンド型扇風機

音楽フェス、スポーツ観戦のほか、通勤、散歩、買い物、外回り、キャンプ、農作業、趣味の時間まで、真夏でも涼しく快適に過ごすことができる超便利グッズ。風量を3段階で調節できるほか、弱モードで約7時間、中モードで4時間、強モードで1.5時間使用可能です。※電池のフタが固くて開けにくい場合は、DIMEの公式サイト「@DIME」をご覧ください。
猛暑が予想される今年の夏は、このネックバンド型扇風機を活用して少しでも涼しく快適に過ごしてみてはいかが?

アマゾンでの購入はこちらから

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。