小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

40~50代の中途入社社員が選んだ「育成環境が優れた企業」ランキング、3位日本IBM、2位中外製薬、1位は?

2023.07.10

長く同じ環境で社会人を続けていると、業務内容や仕事でやり取りする人が固定化され、自己研鑽とは真逆の惰性の日々を送ってしまいがちだ。しかし中には、「年齢や社歴に関係なく、新しいことを学び続けたい」と考える40~50代のビジネスパーソンもいるに違いない。

そんな成長意欲のあるミドル層にとって、自己成長を感じられる「育成環境が優れた企業」とは、いったいどんな会社なのだろうか?

転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークはこのほど、「40-50代の中途入社者が評価する『育成環境が優れた企業ランキング』」を発表した。

TOP3の「人材の長期育成」スコアは4.00超!

40-50代の中途入社者が「育成環境が優れている」と評価した企業を集計した本ランキング。1位にナイル、2位に中外製薬、3位に日本アイ・ビー・エムデジタルサービスという結果になった。

ランキング全体では、「Sler、ソフト開発、システム運用」業界が30社中13社を占めており、他はインターネットサービスや通信、化学、コンサルティングといった業界企業が並んだ。

ランクイン企業の中途入社者が投稿した「働きがい・成長」のクチコミを見てみると、入社形態を問わず研修育成制度が充実している環境、本業とは直接関係がない内容でも学習支援してもらえる環境を特徴として挙げる声が多く見られた。

加えて印象的なのは、企業から与えられた成長支援環境を持て余すことなく、日々の業務に活かすべく自学自習する姿勢がある様子も多く投稿されていた点だ。豊富な研修機会をただ社員に提供するだけで留めず、「若手に負けられない」「嫌でも刺激を受ける」「自学しないと周囲に置いて行かれる」ような、社員が受動的ではなく能動的にスキルアップをしたくなる、焦燥感や向上心の生まれやすい組織風土があると言えそうだ。

上位ランクイン企業の中途入社者がOpenWorkに投稿した「成長環境」に関する社員クチコミ

「日々のニュースが仕事に直結するスピード間を感じながら、営業スキルも磨かれ、証券知識も豊富になり、自分の裁量で仕事ができます。成長、キャリア開発するためのサポートも非常に充実しており、直接仕事に関係ないような資格取得にも補助がでます。(支店営業、女性、野村證券)」

「常に高いスキルを求められるため継続的に自己研鑽が必要ですが、ITスペシャリストとして自信と誇りを持って仕事に取り組むことが出来ます。仕事で求められるスキルをしっかりと習得していくことが出来ていれば、自然と業界で必要とされる様々なスキルを身につけられると思います。その反面、努力を怠って周りについていけなくても置いていかれるだけなので、本人の高い意識が必要。(ITS、男性、日本アイ・ビー・エムデジタルサービス)」

「若い社員の意欲が高いので、負けていられないという気持ちでモチベーションが向上しました。資格取得支援の社内制度もあるので、語学の勉強がはかどりました。(コンテンツ管理、男性、ナイル)」

「社内には自己成長のためのプログラムが多々ある。活用次第では能力開発も可能であるが、興味ないとただ惰性で仕事をするだけになる。周囲が能力開発に敏感な人が多いため、嫌でも刺激を受けて能力開発にいそしんでいる。(企画、男性、中外製薬)」

「知識向上に関するもの、マインド向上に関するもの、両者において、様々な社員限定のコンテンツが用意されているので、業務内容以外の法律や社会保障など、たくさんの学習が、自分の好きな時間にできます。また、非常の自己成長欲の高い方が先輩方に多いので、日々刺激を受けています。(営業、女性、プルデンシャル生命)」

「毎月のように何かしらの研修があり、またAWSやSalesforceなどの3rdParty系の研修も自由に受けられるため、成長速度は速いと思う。悪く言うと勉強しなければならないことが多く、土日や平日深夜に勉強して追いつく必要がある(法人ソリューション、男性、NTTデータ)」

企業のリスキリング成功の鍵は?

経済産業省によると、「社外学習・自己啓発を行っていない人」の割合が日本は46%となっており、これは諸外国と比べても非常に高い割合となっている(※2)。

自学自習することへのハードルが高い人も多い中、社員が自ら必要性を感じてリスキリングすることで何を得られるのか、企業が明確に道筋やメリットを提示させることが重要と言える。実際、ランクイン企業のOpenWorkのクチコミを見ていくと、スキルアップをすることで一層キャリアアップや昇進昇給が望める、他部署でも通用するスキルを得られるといった声が見られた。

年齢や在籍年数関係なく自己成長を続けることで、企業に自身のキャリアを預けず、自分の力で待遇や未来を切り開いて行くマインドセットはビジネスパーソンにとって一層肝要となるだろう。

(※2)2022年5月 経済産業省「未来人材ビション」

OpenWorkに投稿された、自学自習やスキルアップを通じて得られる「変化」に関する社員クチコミ

「各自スキルアップ制度(書籍購入、セミナー費用補助支援)を有効活用して当たり前のように成長を図ろうとする環境。ある業種で満足した人向けに事業部やチーム間を体験・異動できる制度がある。(デジタルマーケティング、男性、ナイル)

「教育プログラムが充実しており、社内にコンサルタント経験者による教育プログラムが運営されています。経験の浅い方でも成長しやすい環境が整備されています。所定の研修を受講しなければプロモーションできないため業務と並行しての受講はかなり大変です。(シニアコンサルタント、男性、クニエ)」

「社員教育に力を入れており、多種多様なトレーニングを受ける機会がある。また、キャリアプランに応じて社内の異動も柔軟に受け入れてもらえるのでモチベーション高く新しいことにチャレンジできる。(主任、男性、NTTデータ)」

「教育の材料は揃っているので、自己成長に関しては本人次第なところはある。キャリアに関しても、定期的に他事業部の話を含めて、異動出来る仕組みになっている。(エンドスコピー、女性、ボストン・サイエンティフィックジャパン)」

「ポスティング制度を活用すれば自分でキャリアを考えて行動に移すことが出来ます。社内教育も豊富なのでリスキリングも出来ます。反対に、年功序列的なキャリアが好きな人には向かないと思います。(SE、男性、富士通)」

<対象データ>
OpenWorkに投稿された、40-50代の中途入社者による会社評価レポート回答23,276件を対象データとして使用。対象者・集計期間を限定しているため「OpenWork」の各企業ページで掲載している企業評価点とは異なる。

出典元:OpenWork

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。