小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アウトドアをカジュアルに楽しみたい人におすすめ!三菱「デリカミニT Premium 4WD」は犬にもやさしいスーパーハイトワゴンだった

2023.07.09

すでにこの@DIMEでは、今、話題騒然の新型軽自動車、三菱デリカミニの概要について報告しているが、今回、デリカミニT Premium 4WDでのロングランドライブの機会を得た。目的地は南房総保田のオートキャンプ場、そして amaneというオーシャンフロントの”ラグジュアリー&アクティブ”がコンセプトの大人のクロスオーバーリゾート施設。せっかくの機会なので、兄貴分のデリカD:5とともに訪れた。

デリカらしいビジュアルと頼もしい積載力

まず、新型デリカミニの基本情報を紹介すると、ベースはekクロススペース。つまり、今、軽自動車でもっとも人気のスーパーハイト系軽自動車である。

そしてekクロススペースの主にエクステリアを”デリカ”の名を語るのに相応しいデザインに仕上げ、4WDモデルに関しては、165/60R15サイズのタイヤ、専用チューニングされたサスペンションを奢り、軽自動車最大級の大径タイヤによって最低地上高160mmを確保している。TVCMでもお馴染みとなった犬らしき「デリ丸」の顔つきを思わせるLEDヘッドランプの、まさに犬顔の表情は、すでに女性を含む多くの人の好感を得ていると言っていい。

ロングラン試乗を行ったのは、T Premiumというターボエンジンを積み、日産のプロパイロットに相当する三菱版の先進運転支援機能のMI PILOTなどを標準装備する最上級グレード。駆動方式はビスカスカップリングを用いた4WDである。

家族2人+小型犬1頭の1泊2日のドライブ旅行を兼ねての試乗ということで、荷物もそれなりに増えたのだが、出発前に驚かされたのが、荷物の頼もしい積載力だった。機内持ち込みサイズのキャリーケース2個、愛犬用の荷物、そして夏の愛犬連れドライブ旅行に不可欠なペットカート、オートキャンプ場で使う小さな椅子とテーブル、クーラーボックスなどが主な荷物なのだが、パッとテールゲートを開いた状態、つまり身長172cmの筆者のドライビングポジション基準で頭上に250mm、膝周り空間に400mmという広大な居住空間が得られる後席後端位置では、ラゲッジルームの寸法は、奥行き290mm、幅885mmと、とても上記の荷物が入るスペースではない。

が、スーパーハイト系軽自動車最大の320mmものスライド量を持つ後席を前端位置までスライドさせると、奥行きは675mmにまで拡大。機内持ち込みサイズのキャリーケースの全長が540mmなので、横倒しした状態で縦にすれば、余裕で2個、積み込むことができ、空いたスペースに車体本体高さ555mm、幅530mm、奥行き330mmのペットカートの車体本体を積んでも、まだまだ余裕ある”魔法”のスペースにアレンジできたのである。

デリカミニの前席に乗り込めば、まずは撥水生地のシートのかけ心地に納得だ。分厚いクッション感があり、背中のサポート性もなかなか。軽自動車らしからぬ上質上級なかけ心地に満足できた(三菱ekクロススペース、日産ルークスも同様)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。