小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

原音再生から個人音再生へ!JPRiDE「model i ANC」が可能にする究極のサインドメイク

2023.07.08

連載/ゴン川野のPC Audio Lab「JPRiDE「model i ANC」で究極のサインドメイク」

原音再生からの卒業

良い音とは何か? オーディオ界の永遠の課題である。その答えの一つが原音再生である。クラシックであれば、コンサートホールと同じ音を自宅のリスニングルームに再現すること。再生周波数帯域、ダイナミックレンジの問題がオーディオ機器の進化で解決すると、次に問題になったのがルームアコースティック、つまり部屋の特性である。部屋の影響を補正してフラットにするため、グラフィックイコライザーとパラメトリックイコライザーが生まれた。最初はアナログ式だったので音質劣化を招いたが、デジタル化され測定機能も内蔵、マイクを接続して部屋の音響特性を測定して、自動的にフラット化できるようになった。この技術は部屋の影響を受けやすいサラウンド再生に利用され、現在はAVアンプに搭載されている。

一方、ヘッドホン&イヤホンは耳の近くから、ほぼ直接音を聴かせるため、ルームアコースティックの問題はなく、周波数帯域とダイナミックレンジもスピーカーと比較すれば有利に再生できる。そこで、一歩先をいく個人の耳の特性をフラット化するという、パーソナライズ機能が搭載されつつある。しかし、本当にフラット化しての原音再生が理想なのかという疑問も生まれてきた。JPOPに代表される打ち込みを多用した楽曲には原音が存在せず、ライブをやったとしても、その会場にあるオーディオシステムから再生された音を聴くことになる。完璧にパーソナライズできたとしても、それはメーカーの設計した、その製品の音になるだけだ

そこでJPRiDEが提案するのがサウンドメイクイヤホン「model i ANC」である。専用アプリと組み合わせて、リスナー自身の手で、自分好みの音をメイクできるサウンドメイクを実現できるイヤホンであるという。アプリには10バンドのグラフィックイコライザーとパラメトリックイコライザー機能があり、これを使って好みの音を追求する仕組みだ。これなら個人の耳の特性もメーカーの製品の音も無関係に、好きな音が設定できる。しかし、問題になるのは自動補正ではないため、どうやって設定するかだ。

シンプルな艶ありブラックの充電ケース。重さは36g

ケースの充電時間は2時間、充電回数は2.6回

イヤホンの再生時間はANCを使わず50%の音量で7.5時間、充電時間は1.5時間

重さは5gで防水等級IPX4、コーデックはSBC、AACに対応

専用アプリ「SOUNDMake」を使って自由に設定を変更可能

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。