小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

心身が疲弊している人必読!頑張りすぎる人が陥りがちな5つの思考

2023.06.02

「もっと頑張らないと」「今日中にこれとこれ、あれもしないといけない」など、気づいたらたくさんのタスクに日々追われていた。だから、もっと頑張らないといけない!……そんな思考に陥っていませんか?

今は踏ん張ることができていたとしても、多くのものを1人で抱え込み続けると、いつしか心と体は悲鳴を上げてしまいます。

頑張るのは決して悪いことではありません。良くないのは、無理をしてまで頑張ることです。本記事では、頑張りすぎる人が陥る思考のクセと、頑張りすぎないコツをお伝えします。

頑張りすぎる人が陥る思考のクセとは

頑張りすぎてしまうのはなぜなのでしょうか。ここでは頑張りすぎてしまう人が陥る思考のクセ(思い込み)に触れていきます。

 1.「~べき」と自分を無意識に追い込む

「自分はこうあるべき」、「この仕事は自分がするべき」など、「~べき」という言葉を多用している人は、頑張り過ぎている可能性が高いです。

「べき」という言葉を使ってしまうのは、その行動が本当にあなたしたいことではないからです。だから、無意識に自分を追い込んでまで頑張ってやり遂げようとしているのです。

 2.自分よりも他人の要求を優先

自分のスケジュールに余裕のない状況なのに、周囲から新たな仕事を頼まれたら、その期待に無理をしてまで応えようとしてしまう。頑張りすぎる人には、自分のことよりも他人を優先してしまうクセがあります。

このクセの主な原因は、断ることで周囲から嫌われるのではないかという不安があるからです。自分よりも他人を優先して、他人が受け入れてくれる自分を頑張ってまで演出している状態です。

3.「失敗したらどうしよう」という不安が常にある

最初から失敗することばかり考えている人は、自分が失敗しないような安全圏まで頑張り続けてしまいがちです。リスクを回避することは悪いことではありませんが、ここまで求められていないことに対して頑張りすぎていると体と心はどんどん疲弊していくばかりです。

失敗して成果をあげられなかったという過去が実施にあるものに対して不安を抱くのは当然のことですが、このタイプは、普通の人なら失敗にカウントしないことでも失敗だと捉えて自分を追い込みます。例えば、早さを競っているわけではないのに、同僚よりも仕事が少し手間取ってしまったなどでも失敗にカウントしてしまうのです。その失敗を避けるためにもっともっとと頑張ろうとします。

4.人に頼ること=できない人

「人を頼ることは、周囲に自分はできないと言っているのと同じ」というような思い込みがある人も頑張りすぎる傾向があります。

この思考を持つ人は、他人からの評価、周囲からの自分の見え方を非常に気にします。その他人が期待する理想の自分を守るために頑張り続け、心身の疲労にも限界を迎えるまで気づくことができません。

5.他人を信用していない

他人を信用していない人も、4.の人に頼ることができない人と同様に1人で頑張りすぎてしまいます。

他人を信用していない人は、仕事であれば「自分でやったほうが効率良くできる」、「より高いクオリティを出せる」などと思い、すべてを無理してまでも1人で抱えて込んでしまいます。その無理が頑張りすぎるにつながっているのです。

心身が疲弊する前に……頑張りすぎないコツを知ろう

前述した通り、頑張りすぎる人は、思考のクセによって無意識に自分自身を追い込んでいます。その思考のクセをなくすには、新たな考え方のルールを決めることです。簡単に取り入れられる3つのコツをご紹介します。

1.頑張ることを終わる時間を決める

頑張りすぎる人は、その頑張りをずっと続けてしまいます。それを意識的にストップさせてください。具体的には「〇時までは頑張ろう」と終わる時間を設定します。最初には無理にでも実行することで、休息をとったほうが効率良く頑張れることに気づくことができれば、それを習慣化していけるでしょう。

それでも頑張り続けてしまう人は、物理的に頑張るために必要なものなどを視界入れないようにしてみてください。仕事であれば資料などはカバンの中にしまってしまう、寝室には持ち込まないなどです。

オンオフの線引きをしっかりすることができれば、頑張り“すぎる”ことも減っていきます。

2.物事の優先順位や達成するまでの過程を書き出す

思考のクセでもお伝えした通り、頑張りすぎる人は色んなものを1人で抱え込もうとします。「この仕事とあの仕事をやり遂げないといけない」など、全てのことに全力を注ぎます。

その行動をやめるためには、物事の優先順位や達成するまでの過程を書き出すことが有効です。考えていることが複数あると、思考能力は低下して効率性を失い、またエネルギーを無駄に消費してしまいます。

優先順位を決めることで全力を注ぐものが1つに絞れ、達成までの過程を把握することで効率良く進めることができます。

また、書き出すという行為も物事の整理や、物事に客観性を持たすことで新たな気づきを得ることもできます。

3.できなかったことよりもできたことに注目する

周囲から見たら失敗ではないことでも本人が失敗に捉えていれば、それは「できなかった自分」として残ります。人はやり遂げたことよりも、未完のまま終わったことのほうが記憶されると言われています。その記憶が「失敗するかもしれない」という不安を作ります。そしてまた失敗ではないことでも失敗に捉えてより自信を喪失していきます。

そのループを脱するためには、できたことに注目してみましょう。人は自分自身が無理なくできることは当然だと思い込み、自分を評価しないことが多いのです。

人の得意不得意はそれぞれ違います。資料整理や数字を扱う細かい作業が得意な人もいれば、営業などで円滑な人間関係を築く交際術が得意な人もいます。あなたが今当然のようにできていることは決して他人も当然のようにできることではないのです。

自分のできることに注目して、そして自分を評価してください。自分に自信を持つことができれば、失敗にカウントすることも減り、他人に頼ることが仕事ができないこととイコールであるという思い込みをなくすことができます。

文・構成/藤野綾子

メンタルが不調気味の人におすすめ!話題のVTuber・犯罪学教室のかなえ先生の最新刊「人生がクソゲーだと思ったら読む本」

元法務教官(少年院の先生)で、現在は事件解説で人気を博しているVTuber・犯罪学教室のかなえ先生の新著『人生がクソゲーだと思ったら読む本』が、いよいよ発売となった。ネット書店では発売前から続々と売り切れに。編集部では慌てて緊急増部数を決定、各書店への配本を増やす事態となった。
本書の内容は、かなえ先生のもとに寄せられた「お悩み相談(マシュマロ)」に答えるというもの。日頃の配信でも、その舌鋒鋭くも愛のある答えが視聴者を虜にしているかなえ先生だが、書籍では相談者一人ひとりの悩みに、ゆっくりじっくり丁寧に答えている。
今回は特別に「もくじ」を公開。さらに少しだけ、その内容を担当編集がご紹介。また、発売日前夜に、かなえ先生と担当編集・千葉の対談が行なわれたので、こちらもぜひチェックしてみてほしい。

第1章 学校・受験の悩み

●学歴社会では才能よりも「親の資金力」が重要なの?

●スポーツ推薦なら頭の悪い人でも高学歴になれるってどうなの?

●いじめられたくないから、不登校。これで人生が詰みなんて理不尽だよ。

●校則に従わないと内申点が下がるのはなぜ? 勉強で評価してよ!

【コラム】初めて 人生がクソゲーだと感じた「不登校児になった小学校時代」の話

担当編集が読んだ感想:主に学生さんのお悩みを中心に解答したこの章。「前向きに考えたほうがいいよ」と寄り添うシーンもあれば「それはアナタ自身のバグです」とばっさり切り捨てる場面も。「それ、アナタの感想ですよね?」と答える様子は、ひ○ゆき氏を彷彿させた。

第2章 仕事・会社の悩み

●なぜ採用には「学歴フィルター」がある? もっと学生の内面を見てほしい!

●誠実な人ほど損をしがちな嘘つきだらけの就活が許せない!

●頑張ることが当たり前……。自分の成長よりも社会の進歩が早すぎて息苦しい。

●パワハラ・セクハラするクソ上司エンカウント時の対応求ム!

●働けない人は生きる価値がないのか? 病んでる自分が嫌になる。

【コラム】 国家公務員からニートへ……クソゲーセカンドステージが始まった話

担当編集が読んだ感想:相談者さんの悩みに対し、具体的な対処法が多く出てくるパートです。特に就活を控えているor就活中の大学生は必読な内容が盛りだくさん……ですが、あまりにズバッと切り込んでくるので、読んでも凹まないでくださいね。

第3章 SNS・ネットの悩み

●なんでみんなデマや陰謀論に巻き込まれるのか?

●フォロワーが多い方が偉いみたいな風潮がツラい。

●成功者が可視化されていき、自分の立ち位置を突きつけられる。

●晒しや暴露が英雄視されちゃう最近の風潮、ヤバくない?

【コラム】ネット活動者になってクソゲーを楽しめるようになった話

担当編集が読んだ感想:スマホの普及によりインターネットを通じて世界中のことを一瞬で知ることができるようになりました。でも、便利になったはずなのに息苦しさを感じませんか? このパートでは現代人、主に社会人が抱えることの多い悩みに答えています。なお、この中のひとつは担当編集の個人的な悩みです。

第4章 友人・恋人の悩み

●私にだけ友人ができないのはバグ? どうしたらできる?

●外見が良いだけで性格が悪い人が評価されるのが許せない。

●俺がモテないのはバグ? 足りないのはどんなスキル?

●人間関係に疲れやすいのは私だけ? ただのスキル不足?

【コラム】他人に期待しないから傷つかないし、負けることも悔しくないという話

担当編集が読んだ感想:笑って読み飛ばせる内容が多いこのパート。「俺が持てないのはバグ?」の項目にて、怒涛の質問に気圧されるかなえ先生の様子は、普段の配信では見られない姿かもしれません(笑)。

第5章 生まれの悩み

●「親ガチャ」に成功していれば大学に行けて、もっと幸せだったんじゃないか?

●結婚しないと親からネチネチ小言をいわれて腹が立つ

●性的少数者であることを親が受け入れてくれない。

●発達障害を持たせて産んだ親を今でも恨んでいる。

担当編集が読んだ感想:このパートでは深刻な悩みが多かったからこそ、先生に一番最初に頂いた”生原稿”を極力そのまま掲載しました。先生のまっすぐな言葉が、生まれ持っての生きづらさや、自分ではどうしようもない環境による苦しさに苛まれる人の心を少しでも軽くできると願っています。

『人生がクソゲーだと思ったら読む本』こちらで購入できます!

【Amazonで買う】

【楽天ブックス で買う】

【セブンネットショッピングで買う】

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。