小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

出版不況でもブックオフが1000億円企業へと成長した理由

2023.05.23

古本店「BOOKOFF」を運営するブックオフグループホールディングスの業績回復が鮮明です。2023年5月期第3四半期の売上高は前期比12.0%増の754億700万円、営業利益率は同51.1%増の24億1,100万円でした。

ブックオフは通期の売上予想を従来の980億円から1010億円へと引き上げました。第3四半期の時点で進捗率は75%を達成しており、1000億円企業への到達は間違いないでしょう。

2016年3月期は営業赤字に陥り、コロナ禍で一時は減収も余儀なくされました。見事な復活を遂げています。

大型複合店の出店を強化

2023年5月期が予想通りに着地すると、営業利益率は2.6%。コロナ禍を迎える直前の2020年3月期の営業利益率は1.7%でした。売上高と利益率を同時に高めています。

なお、ブックオフは2021年に決算月を3月から5月に変更しています。コロナ禍を迎えた2021年5月期は2020年4月から2021年5月までの14か月間の数字です。

決算短信より

ブックオフは2012年ごろまで営業利益率が4%程度あり、堅調に拡大していました。しかし、2014年3月期の売上高792億円を境に縮小へと転じます。このころ、不採算店が目立つようになって収益性が悪化します。

ブックオフの収益改善への取り組みは目を見張る速さでした。不採算店の退店を進めただけでなく、家電やプラモデル、アパレルなどのリユース品を集めた「BOOKOFF SUPER BAZAAR」の出店、アパレル商材を複合させた「BOOKOFF PLUS」へのリニューアルを進めたのです。

また、TSUTAYAを31店舗も運営していましたが、レンタル市場の縮小に伴う収益性の悪化により、運営会社を日本出版販売に譲渡しました。

大改革を行っていた2016年3月期は営業赤字に陥ったものの、2017年3月期からは安定的に利益が出るようになりました。

トレーディングカード・ホビーの伸びが旺盛に

ブックオフの収益構造がどのように変わったのかは、商材別の売上高の変化を見るとよくわかります。

下のグラフは営業赤字だった2016年3月期と2022年5月期の国内既存店(EC含む)商材別売上高。決算月が替わっていますが、12カ月間のものであることは同じです。

この間に売上高は1.3倍に伸びました。しかし、主力の書籍の売上高は250億円程度でほとんど変化していません。すなわち、売上構成比率が落ちているのです。

数字を伸ばしているのは、トレーディングカード・ホビーと貴金属・時計・ブランドバッグです。

有価証券報告書及び決算補足資料より

特にトレーディングカード・ホビーの伸びは著しく、2016年3月期の27億4,200万円から、4.2倍の114億7,600万円まで増加しています。もし、ブックオフの店舗リニューアルの動きが遅く、書籍やDVD、ゲームソフトをメインで扱う業態にこだわっていた場合、売上の伸びに期待できなかったことは明らかです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。