小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クーデター勃発!?社員500名以上が一斉退職、退職金が払われた人と払われなかった人の違い

2023.05.20

こんにちは。

弁護士の林 孝匡です。

宇宙イチ分かりやすい法律解説を目指しています。

退職した人が会社に退職金を請求しました。しかし会社はブチギレており退職金を払わず。舞台は法廷へ(原告9名)

〜 結果 〜

裁判所
「6人には払わなくてOK」
「でも3人には払いなさい」

不義理レベルで結論が変わりました。以下、分かりやすくお届けします(日音退職金事件:東京地裁 H18.1.25)

※ 判決の本質を損なわないよう一部フランクな会話に変換してます

登場人物

▼ 会社

・カラオケ設備の販売レンタルなどを行う会社

▼ Xさんら9名

・退職した人たち

どんな事件か

▼ 反逆か?

会社からしたら「謀反じゃー!」みたいな事件です。

まず、関連会社の従業員が大量に退職。その数、500人以上

それに引き続いてXさんたちも退職

関連会社の取締役が設立した新会社に入社

この取締役、何者!

▼退職金を請求

Xさんら9名
「退職金を払ってください」

 A 約163万円
 B 約417万円
 C 約417万円
 D 約178万円
 E 約109万円
 F 約25万円
 G 約63万円
 H 約108万円
 I  約53万円 

会社
「無理です」
「まず上の6名!あなたたち懲戒解雇されたでしょ。懲戒解雇=退職金不支給条項にあたります」
「そして下の3名!懲戒解雇事由があるし業務引き継ぎしてないでしょ」

会社には「こんなときは退職金を払わないから」という規定がありました。


退職金規程 第6条 
・懲戒解雇されたとき
・業務の完全なる引き継ぎをなさずして退職をしたとき
 (不支給または減額することがある)


Xさんたちは退職金を求めて提訴。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。