小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

会社から一方的に減額された給料、3年後に「減額は無効なので差額を払って下さい」は通用する?

2023.05.03

こんにちは。

弁護士の林 孝匡です。

宇宙イチ分かりやすい法律解説を目指しています。

裁判例を解説します。ザックリこんな戦いです。

ファイト!

Xさん(社員)
「一方的に給料を60万円から48万円に減額されました」
「減額前の給料を払ってください」

会社
「いやいや」
「3年くらいアナタは文句を言わずに受けとってますよね」
「それをいまさら…」

ーーー 裁判官、どうですか?

裁判官
「Xさんの勝ち!減額に合意してないね」
「324万円はらいなさい」

以下、分かりやすく解説します(NEXX事件:東京地裁 H24.2.27)

※ 判決の本質を損なわないよう一部フランクな会話風でお届けします

登場人物

▼ 会社

・電子機器の販売などを行う会社

▼ Xさん

・マネージャー(製品マーケティング)
・正社員
・月給 約60万円

どんな事件か

月給が約60万円になってから1年ちょっと働いていたんですが、ある日・・・

▼ 集合!

社長が説明会を開きました。社長の口から出た言葉は【給料を下げたい】というもの。理由は、売上げが振るわないというもの。

対象者は以下の3名でした。

・管理部長(社長の妻)
・Xさん
・Aさん

説明会ではXさんは異議を述べませんでした。

▼ 給料ダウン!

というわけで、月給が以下のとおりダウンしました。

月給60万円 → 月給48万円

▼ 3年くらい文句を言わず

それからXさんは文句を言うことなく、ダウンした給料をもらい続けていました。

▼ 解雇される

Xさんは解雇されます。解雇した理由はザックリ以下のとおり。

・業務命令の無視
・何度も居眠り。注意しても改善せず。…etc

Xさんが訴訟を提起

Xさんの主張は以下のとおり。

・解雇は無効です
・給料の減額は無効です。差額を払って下さい
…etc

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。