小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホのディスプレイに使われている「液晶」と「有機EL」の特徴と違い

2023.04.29

スマートフォンは画面にコンテンツを表示するだけでなく、タッチして操作を行うため、ディスプレイの性能やサイズが大切です。

ディスプレイのサイズが機種によって異なるのはご存じのとおりですが、実はディスプレイの種類にも違いがあるのをご存じでしょうか。本記事では、スマートフォンに搭載されることの多いディスプレイの種類について紹介していくので、今後のスマートフォン選びの参考にしてください。

スマホのディスプレイは大きく分けて2種類!?

スマートフォンに使用されるディスプレイは、大きく分けると「液晶」と「有機EL」の2種類があります。テレビのディスプレイにも使用されることが多い2種類なので、聞き覚えがあるという人も多いのではないでしょうか。有機ELディスプレイは、「OLED」と記載されることもあります。

近年のスマートフォンは有機ELディスプレイを搭載したモデルが多くなってきていますが、価格を抑えやすいといった利点から、エントリーモデルやミドルレンジモデルの一部に、液晶ディスプレイを搭載することがあります。

スマホのディスプレイに使われる「有機EL」と「液晶」の違いは?

一般的な液晶ディスプレイは、ディスプレイの裏側にあるバックライトで光を当てて明るさを調節し、赤、青、緑のカラーフィルターを通して映像を表示しています。バックライトが必要という性質上、液晶ディスプレイは厚みがあるのに加え、バックライトの光漏れがあるため、黒色の表現が苦手とされています。

一方、有機ELディスプレイは有機物に電圧をかけると発光する現象を用いたディスプレイ。独立した発光体がそれぞれ赤、青、緑に光り、強弱を変えられるため、バックライトが不要。なので、液晶ディスプレイよりも薄く、黒色の表現が得意です。加えて、応答速度や視野角の広さも、液晶ディスプレイより優れているとされています。

【参照】KDDIトビラ/『有機ELディスプレイ』とは?『OELD』の意味や液晶との違いなど解説

また、黒色を表現する際には発光する必要がないため、省電力性も液晶ディスプレイより高くなります。近年のスマートフォンで「ダークモード」といった、黒を基調としたデザインが採用されているのも、有機ELディスプレイの特徴を活かすためといえます。

スマホの有機ELディスプレイにはデメリットもある?

上述したように、薄型で省電力なのに加え、色表現も得意な有機ELディスプレイですが、液晶ディスプレイと比較するとまだまだ高価なため、エントリーモデルに搭載される機会が少なくなっています。

また、有機ELディスプレイは液晶ディスプレイと比べて、同じ画像を長時間表示し続けると、「焼き付き」と呼ばれる残像が起こりやすいとされています。スマートフォン機種によっては、ソフトウエアによって焼き付きが起こりにくいように制御しているものもありますが、気になる人は同じ画面を長時間表示しないように気を付けたり、画面の明るさを下げるといった対策をするのがおすすめです。

有機EL、液晶ディスプレイの中にも種類がある?

スマートフォンのディスプレイは、ほとんどが有機ELと液晶の2種類と紹介しましたが、それぞれのディスプレイも仕組みや素材によって区分されています。

例えば、シャープのAQUOSシリーズの多くは、より省電力性に優れた「IGZO OLED」というディスプレイを採用。一方、近年のiPhoneシリーズには「Super Retina XDRディスプレイ」が採用されています。いずれも有機ELディスプレイではありますが、各社がそれぞれのカスタマイズを施していることもあり、別の名称で呼ばれています。

【参照】AQUOS sense7

スマホのディスプレイは素材に加えて「解像度」にも注目

ここまでディスプレイ素材について紹介してきましたが、スマートフォンのディスプレイは解像度も重要なポイント。解像度は、主に縦×横のピクセル数で表記されます。

基本的には解像度の数字が大きいほどきめ細やかな映像表現ができるようになりますが、ディスプレイサイズが大きければピクセル数が増える点に注意しましょう。

例えば、iPhone 14 Proの解像度は2556×1179、iPhone 14 Pro Maxの解像度は2796×1290と、数字上はiPhone 14 Pro Maxのほうが大きくなっていますが、ディスプレイサイズはiPhone 14 Proが6.1インチ、iPhone 14 Pro Maxは6.7インチとなっており、ピクセルの〝密度〟は同等となっています。

【参照】iPhone 14 Pro/仕様

スマートフォンを購入する際には、ディスプレイ素材に加え、ディスプレイサイズと解像度の関係にもぜひ注目してみてください。

【参照】住友化学/有機ELの基礎知識

【参照】にこすま/有機ELと液晶ディスプレイの違い、知ってますか?特徴や強みを比較!

【参照】Canon/有機ELのしくみと特徴

※データは2023年4月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。