小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

N-ONE 、スペーシア、タント、乗ってわかった軽自動車人気モデルの○と×

2023.05.02

軽自動車乗り比べに関する記事を@DIMEの中から厳選して紹介します。

軽自動車乗り比べ

6速MTで軽とは思えないスポーティーで力強い走りを楽しめるホンダ「N-ONE RS」

ホンダのクルマづくりといえば、スポーティーが代名詞。そのDNAは健在だった。2020年11月にフルモデルチェンジした軽自動車の「N-ONE」シリーズには、6速マニュアルミッションのターボモデルが設定されていた。その名は「RS」。6速ミッションは「S660」と同じく、1~5速をクロスレシオ化し、ワインディングロードでの走りを重視した設定で、シフトフィールも「S660」で採用したダブルコーンとカーボンシンクロを採用した。シフトノブはスポーツカー「S2000」のデザインをベースにしている。

【参考】https://dime.jp/genre/1575102/

とにかく広い!低燃費とスムーズな発進、加速を実現したスズキ「スペーシア カスタム ハイブリッド」

「スペーシア カスタム」がスーパーハイトワゴンクラスの中で最も特徴的なのは、マイルドハイブリッドを搭載していることだ。3気筒DOHC、0.658ℓのガソリンエンジン+ターボに加えて、リチウムイオン電池と直流同期モーターを組み合わせ、低燃費とスムーズな発進と加速を実現している。

【参考】https://dime.jp/genre/1575125/

見ているだけでワクワクする!荷物を積んで旅に出たくなるダイハツのアウトドア系スーパーハイトワゴン「タント ファンクロス」

2000年代初めの頃、軽自動車の人気はハイト系ワゴンと呼ばれる全高1.6m前後のワゴンだった。ホンダ「ザッツ」、三菱「ekワゴン」、スズキ「ワゴンR」、ダイハツ「ムーヴ」などがシェアを争っていた。そこに登場したのが、2003年のダイハツ「タント」だった。全高1.7m以上あるこの軽ワゴンは、上級ミニバン並みの後席の広さと、高い天井高を実現し、スーパーハイト系という新しいジャンルを創り出した。その後、ライバルのスズキも「パレット」を発売、2013年に「スペーシア」に車名を変更。さらに2018年にはワイルドなルックスのアウトドア志向の「スペーシア・ギア」を開発し発売した。ここで、スーパーハイト系の勢力分布に変化が訪れる。「タント」と「スペーシア」の販売台数順位が入れ替わった。

【参考】https://dime.jp/genre/1573985/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。