小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPadが超軽量のノートPCに変身するLogicool「COMBO TOUCH」の実用性やいかに?

2023.04.29

日本語入力はGboardで決まり

私はM2のMac miniに買い替えてから、日本語入力はGoogleを使っている。理由はATOKのユーザー辞書が読み込めたからだ。さらに、ATOKよりも表示がシンプルでサクサク変換できると思ったからだ。しかし、残念なことにiOSに対応したGoogle日本語入力のGboardは、いまのところGoogleで作った辞書が読み込めない。

それでもApple純正の予測変換よりは実用的なので、こちらをチョイス。設定はアプリ「Gboard」をダウンロードしてからおこなう。Logicoolの方は設定不要なのだが、こちらも専用アプリ「Logicool Control」を入れてBluetoothの使用を許可する。これで常に最新のドライバーに更新されるようになる。

「Gboard」の設定画面を開くと言語が選択できる。日本語と英語をインストール。さらにキーボードレイアウトも選択できる。キーボードを使うのでQWERTY配置を選ぼう。iPad側の「設定」、「一般」、「キーボード」の項目からGboardと英語(日本)を残してあとは削除すれば、Gboardのみで日本語変換ができ、キーボードの地球キーで日本語と英語をワンタッチで切り替えられる。私はこの設定で使用中。ちなみに「トラックパッドとマウス」の項目からCOMBO TOUCHのトラックパッドの設定変更ができる。これで準備完了。いつでもキーボードから文字入力ができるようになった。

iPad Airをはめ込めばどこから見てもノートPCにしか見えない。ショートカットキーもあってなかなか便利だ。キーボードにはバックライトついている

ドライバーの更新に必要な「Logicool Control」をインストールしてBluetoothの使用を許可しておこう

Gboardは多言語対応で3ヶ国語まで選択できる。ここでは日本語と英語を選択

日本語で使うキーボードレイアウトを選択、外付けキーボードを使うのでQWERTY配置を選択

その他の細かい設定もアプリでおこなえる。ほぼデフォルトだが絵文字候補はOFFした

タブレットの角度は無段階で自由に設定できるが、膝の上など柔らかい場所では不安定だ

キーボードを固定したまま、縦位置にできないのが残念だが、外せば縦にできるため問題はない

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。