小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone Proはもういらない!?ハイエンドチップに6000mAhバッテリー搭載で12万8800円!最強スペックスマホ「Redmagic 8 Pro」の実力

2023.04.24

衝撃の電池持ちを誇る6000mAh搭載! 実用性十分のカメラ性能

搭載バッテリーは6000mAhの大容量。大型ディスプレイを搭載している分、電池の消費量は多くなると考えられますが、もともとのバッテリー容量が多いのに加え、ゲームプレイ時にも空冷ファンにより本体をクールに保てるため、かなりの長時間駆動が可能。

加えて、65Wの急速充電にも対応しているので、実際にRedmagic 8 Proを試していると、充電ケーブルに接続している時間がかなり短い印象です。

アウトカメラは広角50MP+超広角8MP+マクロ2MPの3眼構成。カメラ性能に特化したスマホではないだけに、目新しい機能こそありませんが、実用性は十分な構成でしょう。以下は画像のサイズを調整したのみの作例となります。

最大(10倍)ズーム

夜景モード

先に触れた通り、インカメラはアンダーディスプレイカメラとなっています。画質が極端に良いわけではありませんが、必要十分な印象。Web会議に使用しても問題ないレベルでしょう。Redmagic 8 Pro は顔認証によるロック解除にも対応していますが、認証スピードが遅かったり、感度が悪いといったシーンも見られません。ちなみに、生体認証は顔認証に加えて、ディスプレイ内指紋認証にも対応しています。

若干ノイズはあるものの、比較的明るく撮影できる

SIMスロットは本体下部に搭載されており、SIMカードを2枚挿入可能。eSIMには非対応なものの、近年注目を集める、デュアルSIMでの運用もできます。本体上部には、3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

一方、キャリアで扱われるスマホのほとんどに搭載されている「おサイフケータイ」機能や、防水防塵性能はありません。空冷ファンを搭載すると、防水防塵性能を高めるのは難しいため、ゲーミングスマホとしての性能を高めるためのトレードオフといえます。

文句なしのハイスペックゲーミングスマホ「Redmagic 8 Pro」

切り欠きのない大型ディスプレイに空冷ファンを搭載したRedmagic 8 Pro。一見尖った製品にも思えますが、ゲーミングスマホに求められるディスプレイ性能や放熱性、バッテリー性能といった各要素を堅実に採用した、バランスの良い端末なので、アプリゲームをプレイしない人にも十分おすすめです。

冒頭でも触れた通り、公式ストアでの販売価格は、下位モデルのMatteが10万3800円、上位モデルのVoidが12万8800円となります。決して安い買い物とはいえませんが、ハイエンドスマホとしては、かなりの高コスパといえます。おサイフケータイ機能や防水防塵性能がなくてもOKという人であれば、ぜひ試してほしい1台です。

取材・文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。