小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

初心者必読!iPhoneをアップデートする手順とその前後にやるべきこと

2023.04.05

iPhoneは、定期的にiOSのアップデートを促されます。アップデートの方法は難しくはありませんが、これまで手動でアップデートをしたことがない人や、最近iPhoneに替えたばかりという人は、アップデートのやり方がよくわからない場合もあるかもしれません。

そこで、iPhoneアップデートの方法や、その前後にやるべきことなどをご紹介します。

【参考】iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートしたほうがいい理由

iPhoneのソフトウェア「iOS」を最新バージョンにアップデートする方法

iPhoneのOSをアップデートする方法には、「手動でアップデートする」「自動でアップデートする」「コンピュータを使ってアップデートする」の3つがあります。一般的には手動か自動かの2つの方法を選ぶ人がほとんどなので、ここでは手動でアップデートする方法と自動でアップデートする方法をご紹介します。

※本記事はiPhone 14 Proで、iOS 16を使いご説明します。

iPhoneのアップデートを手動で行う手順

iPhoneのアップデートを「手動」に設定している場合は、必要に応じてアップデートの操作を行います。

「設定」アプリ>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を順にタップすると、現在インストールされているiOSのバージョンと、アップデートできるiOSが表示されます。

「設定」に「iOS ○○があります」と表示されている場合は、そこから直接「ソフトウェア・アップデート」に移動できます。「ダウンロードしてインストール」をタップし、パスコードを入力した後、表示された利用規約を読んで、「同意する」をタップします。

確認ウインドウで再度「同意する」をタップすると、「モバイルデータ通信を使用してダウンロードしますか?」というウインドウが表示されます。Wi-Fiの接続が切れた時にダウンロードを継続するかどうかを選ぶもので、「使用する」を選ぶと、Wi-Fiの接続が切れても、モバイルデータ通信でダウンロードを継続します。「使用しない」を選ぶと、Wi-Fi接続が切れたらダウンロードを中止し、Wi-Fiに接続したらダウンロードを再開します。このどちらかを選択すると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードが終わると、「ダウンロード済み」という表示になるので、すぐにアップデートを行う場合は「今すぐインストール」をタップします。インストールが始まると、画面が消えてApp Storeのリンゴマークと進捗を示すバーが表示されます。アップデートが終わると、自動的にiPhoneが立ち上がります。

【参照】iPhoneユーザーガイド/iPhoneのiOSをアップデートする

iPhoneのアップデートは「自動」でできるの?

iPhoneのアップデートを「自動」に設定すると、アップデートが自動的に行われます。アップデートはインストールの前に通知をしたうえで、夜間、iPhoneが充電中かつWi-Fi環境下にある場合に行われます。したがって、万が一バッテリー切れでアップデートが途中で止まってしまったり、ダウンロードするデータが多くてデータの使用量を圧迫したりする心配はありません。

自動アップデートにするための設定は、「設定」アプリ>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で、「自動アップデート」をオンにします。さらに、「iOSアップデートをダウンロード」と「iOSアップデートをインストール」を両方オンにしておきます。

【参照】iPhoneユーザーガイド/iPhoneのiOSをアップデートする

iPhoneのアップデート前後にやっておきたい作業

iPhoneをアップデートする時は、前後にいくつかやっておきたい作業があります。さらに、アップデート自体にもある程度時間がかかるので、手動でアップデートする場合は時間に余裕を持って作業してください。

iPhoneのアップデート前にチェックしておきたいこと

iPhoneのアップデート前には、データのバックアップをしておくことが推奨されています。万が一アップデートでトラブルが発生すると、リカバリーモードから復元することになり、その際にデータが消えてしまうためです。

自動アップデートを選択している場合は、iCloudなどで自動的にバックアップを取る設定にしておくか、こまめに手動でバックアップを取るようにしましょう。手動アップデートの場合は、アップデート前に手動でバックアップを取ります。

【参照】iCloud で iPhone や iPad をバックアップする方法

iPhoneのアップデートにはどれくらい時間がかかる?

iPhoneではアップデートとは別に、アップグレードも行われますが、これはアップデートよりも大きな変更になるため、より時間がかかります。

アップデートやアップグレードは、iOSの後の数字で区別します。小数点以下の数字が変わるもの(iOS16.2からiOS16.3など)がアップデート、小数点より前の数字が変わるもの(iOS15からiOS16など)がアップグレードです。アップグレードをメジャーアップデート、アップデートをマイナーアップデートと呼ぶこともあります。

アップデートは、iPhoneのモデルやiOSによって異なりますが、約20分から数時間が必要となります。手動でアップデートする場合も、時間のある時にするようにしましょう。

【参照】Appleデバイスのソフトウェア・アップデートについて

iPhoneアップデート後に確認すべきポイントは?

アップデートが正常に終了したかを確認するには、iOSのバージョンが新しくなっていることを確認します。

「設定」アプリ>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を順にタップし、現在のバージョンと「iOSは最新です」と表示されていれば、アップデートは完了しています。

【参考】iPhoneのiOSアップデートでエラーが発生した時の対処法

iPhoneのアップデートを行わないとどうなる?

iPhoneはiOSのアップデートによってさまざまな新機能が使えるようになったり、セキュリティ性能が向上したりします。例えばiOS 16になったことで、ロック画面が複数使えるようになったり、集中モードの設定が簡単になったりと、使い勝手がよくなりました。

アップデートをしないと、こういった新機能が使えません。また、セキュリティが最新の状態にならないので、情報漏洩などのリスクも上がってしまいます。セキュリティ面は特に重要なので、必要に応じてアップデートを行うのがおすすめです。

iPhoneをアップデートしよう

iPhoneはアップデートすることで新しい機能が使えたり、セキュリティが最新の状態になったりします。手動でアップデートする場合は、好きなタイミングで作業できるのが利点です。つい作業するのを忘れてしまう方は、自動でアップデートできるように設定しておくのもいいでしょう。この記事を参考にして、お手持ちのiPhoneを最新のiOSにアップデートしてみてください。

※データは2023年3月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。