小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

EOSのお家芸、高性能AFを搭載!キヤノンがエントリーとミドルクラスのミラーレス最新モデル「EOS R50」と「EOS R8」を発売

2023.02.23

EOS R8は40コマ/秒の高速連写と被写体検出が進化

R8はAFのトラッキング性能にすぐれ全画面で被写体を追い続けてくれる。対応するのは人物(瞳/顔/頭部/胴体)、動物(犬/猫/鳥/馬)、乗り物(車/バイク/鉄道/飛行機)と多種多様だ。フルサイズで軽いのも魅力だ。私ならCanonのフルサイズミラーレスを1台だけ使うとしたら、R6 MarkIIよりもR8を選ぶだろう。どちらも同じセンサーと画像処理エンジンを搭載しており、その違いは少ない。Canonのレンズは基本的に手ブレ補正を内蔵しているので、ボディ側に手ブレ補正がなくても困ることは少ないだろう。海外の価格は約1500ドル(税別)とハイコスパなのだが、国内では直販価格26万4000円なので割安感は薄れる。しかし、R6 MarkIIの実勢価格約35万6400円と比較すれば充分に魅力的な価格と言えるだろう。一世代前のR6であれば実勢価格約26万7300円と差は少なくなる。R6はセンサーが違い、連写速度も20コマ/秒で、最高シャッター速度は電子でも1/8000sec、被写体検出の種類も少なく、その性能差は大きい。

実機で撮影してみるとEVFが予想外に見やすい。0.39型で倍率0.7倍と高級機に比較するとスペックでは見劣りするが、その場で比較しなければ気にならないだろう。気になるのはメカニカルシャッターがないので、高速電子シャッターで鳥を撮影したときに歪みが出るかどうかだ。R8は借用予定なので、その時に検証してみたい。

「RF50mm F1.8 STM」を装着したEOS R8。後述の「EG-E1」付きでもフルサイズとは思えないコンパクトなボディだ

EOS R8のキットレンズRF24-50mm F4-6.3 IS STMは新製品、重量210gで手ブレ補正機能を搭載

エクステンショングリップ「EG-E1」を装着したEOS R8。グリップ感が向上するアクセサリー。装着したままでSDカードと電池交換ができる

背面モニターは3型162万ドットのバリアングル式。EVFは0.39型236万ドット

50mm単焦点レンズを絞り開放で使用、さすがフルサイズと思わせるボケ味だ
Canon EOS R8試作機 RF50mm F1.8 STM 1/60sec F1.8 ISO160

同じレンズでF16まで絞ると造花全体にシャープにピントが合った
Canon EOS R8試作機 RF50mm F1.8 STM 1/60sec F16 ISO20000

100%で見ると造花の素材の質感まで再現されている。これが感度20000とは思えない
Canon EOS R8試作機 RF50mm F1.8 STM 1/60sec F16 ISO20000

写真・文/ゴン川野

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。