小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レンタカーで交通事故を起こした場合、保険でどの程度カバーされるのか?

2023.02.19

レンタカー乗車中に交通事故を起こした場合、被害者に対する損害賠償責任を負います。大部分はレンタカー保険でカバーされますが、保障対象外となる場合もあるのでご注意ください。

今回は、レンタカーで交通事故を起こした場合の法的責任と、レンタカー保険の保障内容をまとめました。

1. レンタカーで交通事故を起こした場合の法的責任

レンタカー乗車中に交通事故を起こすと、民事・刑事・行政上の法的責任を負います。いずれも重大になり得るので、レンタカーの運転中は十分ご注意ください。

1-1. 民事上の責任|損害賠償

レンタカー事故によって被害者に損害を与えた場合、その損害を賠償する責任を負います(民法709条)。

特に被害者が死亡した場合、後遺症が残った場合、要介護となった場合には、数千万円から数億円の損害賠償責任を負う可能性があります。

基本的にはレンタカー保険でカバーされますが、保障対象外となることもあるので要注意です。

レンタカー保険の保障内容については、後述します。

1-2. 刑事上の責任|刑事罰

レンタカーの運転上必要な注意を怠り、事故によって被害者を死傷させた場合は「過失運転致死傷罪」が成立します(自動車運転処罰法※5条)。
※正式名称:自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律

過失運転致死傷罪の法定刑は「7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金」です。ただし、傷害が軽いときは刑が免除されることがあります。

なお、アルコールまたは薬物を摂取して運転していた場合や、危険な方法によって運転していた場合には、さらに刑が加重されます(同法2条~4条)。

1-3. 行政上の責任|免許停止・取り消しなど

レンタカーで交通事故を起こした場合、運転免許証の違反点数が加算されます。加算される違反点数は、基礎点数と付加点数の合計です。

たとえば被害者に全治4週間の軽傷を負わせ、それがもっぱらご自身の不注意によるもののであったとします。この場合、基礎点数は安全運転義務違反の2点、付加点数は6点となり、合計8点の違反点数が付与されます。

違反点数8点の場合、行政処分前歴がなくても30日間の免許停止処分の対象です。行政処分前歴がある場合や、1年以内の累積違反点数がある場合には、さらに長期間の免許停止処分や、免許取り消し処分を受ける可能性があります。

被害者が重傷の場合、後遺症が残った場合、死亡した場合には、付加点数がさらに多くなるため、より重い行政処分が行われます。

参考:交通違反の点数一覧表|警視庁
参考:交通事故の付加点数|警視庁
参考:行政処分基準点数|警視庁

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。