小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

買い物でコスパを重視する傾向が強い世代、3位Z世代、2位バブル世代、1位は?

2023.01.27

Z世代、ミレニアル世代、氷河期世代、バブル世代、しらけ世代と世代別で見たときに、消費行動とリユース品への価値観には、どのような違いが見受けられるのだろうか?

リユースデパート「KOMEHYO」を展開するコメ兵はこのほど、全国の18歳から69歳の男女400名を対象に「消費行動とリユース品への価値観」に関する調査を実施。その結果を発表した。

コストパフォーマンスに関する意識について

買い物をするときにコスパの良さを重視する人が約9割

買い物をするときに「コストパフォーマンスの良さ」を重視するか聞いたところ、「とても重視する」が48.0%、「やや重視する」が40.8%となり、88.8%の人がコスパを重視した買い物を行っている結果となった。世代別に見ると、最もコスパを重視しているのがしらけ世代、次いでバブル世代と、年齢が高いほどコスパを重視した買い物をしている傾向が見えている。

また、「コスパの良さ」という言葉に対する認識としては、初めて聞いた当時は78.8%の人が価格の安いことを想起していたが、現在の認識としては58.5%まで下がっており、「コスパの良さ=価格の安さ」だけではなく、購入価格以外の価値基準も強くなっていることがうかがえる。

買い物をするときに重視することTOP3は「品質の良さ(長く使えること」「価格の安さ」「機能性」

続いて、買い物をするときに重視することを聞いたところ、上位3つは「品質の良さ(長く使えること)」(72.5%)、「価格の安さ」(67.3%)、「機能性」(48.3%)という結果になった。ランキング内ではトレンドを重視している人よりも、リセールバリュー(次に売ることができること)を重視している人が多く、コスパの良さを意識した買い物をしている人が多いことがわかる。

買い物をするときにリセールバリューを意識してモノを購入する機会が増えた人が約3割

また、買い物をするときにリセールバリューを意識して商品を購入することが増えたように思うか聞いたところ、「とてもそう思う」が7.3%、「ややそう思う」が20.8%となり、28.1%の人が増えたと回答した。

世代では若さ、性別では男性のほうがポイントの高い傾向にあった。そのため、Z世代の男性が最も高く、「とてもそう思う」が17.5%、「ややそう思う」が30.0%で、約2人に1人がリセールバリューを意識して商品を購入することが増えたとわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。