小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

24年から始まる運送・物流業界の時間外労働時間の上限規制、ドライバーの約3割が反対する理由

2023.01.20

2024年4月から適用される「時間外労働時間の上限規制」により、運転従事者の時間外労働時間の上限が、原則「月45時間・年360時間」となる。この上限規制を受け、トラック・タクシー・バスのドライバーなどの労働負荷軽減が期待されているが、実際のところ、現場ではどのような声があがっているのか。

病院やクリニックのDX推進をサポートするスマートスキャンはこのほど、運転従事者(トラック/タクシー/バスのドライバー)303名に対し、「脳の健康」に関する意識調査を実施。その結果を発表した。

運送・物流業界の時間外労働時間の上限規制、44.9%が肯定的、28.7%が否定的

「Q1.運送・物流業界における「2024年問題」が提唱されていますが、あなたは2024年から適用される「時間外労働時間の上限規制」について、どのように捉えていますか。」(n=303)と質問したところ、「とても肯定的」が18.5%、「やや肯定的」が26.4%という結果になった。

肯定的な理由〜「運転時間の見直しにつながると思う」が61.8%で最多

Q1で「とても肯定的」「やや肯定的」と回答した方に、「Q2.2024年問題が提唱される「時間外労働時間の上限規制」について肯定的な理由として、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=136)と質問したところ、「運転時間の見直しにつながると思うから」が61.8%、「ドライバーの働き方に対して、社会的な関心が高まると思うから」が50.7%、「時間外労働が減ると思うから」が44.1%という結果になった。

否定的な理由〜「収入が減ると思う」が81.6%と圧倒的多数に

Q1で「とても否定的」「やや否定的」と回答した方に、「Q3.2024年問題が提唱される「時間外労働時間の上限規制」について否定的な理由として、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=87)と質問したところ、「収入が減ると思うから」が81.6%、「人手不足が深刻化すると思うから」が36.8%、「時間外労働の時間はほとんど変わらないと思うから」が26.4%という結果になった。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。