小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「知行合一」とはどういう意味?座右の銘にもなる四字熟語の使い方

2024.05.29

仕事を上手く進めるためには、理論だけではなく経験も必要不可欠。「知行合一」はそんな物事への姿勢を表す四字熟語だ。経営者やリーダーが座右の銘として掲げていることも少なくない。

そこで、本記事では知行合一の読み方や意味、歴史的な背景について簡単に解説する。ビジネスシーンで出会った時に役立つので、ぜひ覚えおいて欲しい。

知行合一とは?

ビジネス街にいる男性

知行合一は、物事への考え方や姿勢を表す四字熟語の一つ。はじめに、知行合一の読み方や意味、よく似た「言行一致」との違いについて解説する。

四字熟語「知行合一」の読み方と意味

知行合一の読み方は、「ちこうごういつ」。

知は知識、行は行為、合一は一つにすることを指す。元々は「何かを体得するには知識だけではなく同時に実践も必要である」という意味を持つ言葉だったが、現代では「知識ではなく実践こそが重要」といった意味でも使用されている。

知行合一の使い方と例文

知行合一は座右の銘や、実践の重要性を伝えたい時に使われる。より具体的な使い方をイメージできるように例文をいくつか見ていこう。

【例文】

「ビジネスにおいては、知識を得るだけではなく実践していく知行合一の姿勢が重要だ」

「理想論ばかりで結果が伴わない、彼には知行合一の考え方が欠けている」

「社長は知行合一の人で、知識も行動も備わっている」

知行合一と言行一致の違いは?

「言行一致」の読み方は、「げんこういっち」。言葉と行動が一致することを表す四字熟語だ。「彼は言行一致している人物なので、信用できる」というような使われ方をする。

一方で、「知行合一」は、知識と実践を同時に行い、何かを体得する姿勢を指す。「知行合一」は学びの姿勢を、「言行一致」は自らの振る舞いを表す言葉であるため、2つの言葉の違いをよく理解し、適切に使い分けられるようにしたい。

知行合一の由来は?「先知後行」との違いは?

街を走る女性

ここからは、知行合一という言葉が生まれた歴史的な背景や、混同しやすい「先知後行」との意味の違い、言葉の関連性を紹介する。ぜひこの言葉への理解を深めるのに役立ててほしい。

知行合一は陽明学の命題

知行合一は、中国の儒学者、王陽明の教えがまとめられた『伝習録』に由来する言葉だ。

本書には「知は是れ行の主意、行は是れ知の功夫、知は是れ行の始にして、行は是れ知の成なり」という記述があるが、これを現代語訳すると「知識は行為の目的であり、行為は知識の修行でもある。知識は行為の始まりであり、行為は知識の完成である」となる。つまり、知識と行為は切り離せないものであり、行為によって知識が完成することが述べられている。

「先知後行」との関連性

王陽明の教えが誕生した当時の中国では、朱子学の「先知後行」が重視されていた。「先知後行」の読み方は、「せんちごこう」。行為を身につけるためには、まず知識を身につける必要があるという考え方だ。

「先知後行」の考え方でも、「知行合一」と同様に行為が重視されている。しかし、この考え方が広まるにつれて、「知識を先に身につける」という部分が一人歩きしていった。結果、当時の中国王朝で知識の偏重が起こり、官僚化が進んでいく。

実践を伴わない朱子学の考え方に疑問を持った王陽明は、自身で修行を重ね、実践を重視した「知行合一」の考え方に辿り着く。その後、王陽明の思想は「陽明学」と名付けられ、中国・韓国・日本へ広まっていった。

座右の銘として使われてきた知行合一

陽明学の考え方は、幕末の日本に普及した。その時、知行合一の考え方も広まり、以来、多くの偉人が座右の銘として掲げるようになる。例えば、吉田松陰は、自身の私塾である「知行合一」を掲げていた。他にも、大塩平八郎や西郷隆盛など幕末に活躍した偉人陽明学に師事しており、「知行合一」を重視していたと言われている。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。